グルメ・お出かけ(gourmet) 家族 FAMILY

文楽(人形浄瑠璃)の親子公演、ご招待イベントに行ってきました!

投稿日:2018-08-04 更新日:

文楽

今日は朝早くから娘と2人で国立文楽劇場へ文楽(人形浄瑠璃)を見に行ってきました。


某スーパーの貸し切り親子公演です。

スーパーで、指定の商品(公演を協賛しているメーカーのもの)を購入したレシートを貼り付けたハガキで応募。当選すると本来、大人3900円・子供1500円もする公演に無料ご招待という、なんとも太っ腹な企画!

今回、息子に続いて娘もこの恩恵にあずかることができました💗(コ〇ミヤさん、本当にありがとうございます!)

国立文楽劇場は大阪のど真ん中にあります

文楽国立文楽劇場は日本芸術文化振興会が運営する伝統芸能の振興、普及を図るための劇場の一つです。
大阪中央区日本橋、大阪の大都会のちょっと外れ、若者の街・難波にほど近い場所にあります。

到着順に誘導された場所に並んで待ち、開場後に順に席を振り分けます。との告知だったので、気合を入れて、開場予定時間の50分前の9時に到着したのですが、すでに50人程度の方が並んでいました!!!

文楽雲一つない晴天で立って待っているだけで汗がじんわり💦

この日の大阪、朝からとても暑かったので早めに冷房の効いた館内に入れてくださり、席の引換券の交換予定時間(9時50分)ジャストから当選ハガキと座席指定券の交換。
11時の上演開始までの間、体験コーナーで人形浄瑠璃を触らせてもらったりもできました。

 

親子公演の演目は子供にもわかりやすい内容です

演目は「瓜子姫とあまんじゃく」「増補大江山」戻り橋の段 という二つ。
瓜子姫は日本昔話で、以前に息子が行った時も演目の一つが「孫悟空」でした。親子公演の時には文楽に慣れ親しんでもらう、という趣旨からか子供にもわかりやすい演目が必ず一つは盛り込まれるようです。

演目と演目の間に休憩と子供のための文楽についての解説という時間がありました。
3人1組の人形遣い体験をステージ上に上がってさせてもらえる話を聞いていて、2年前に息子はその3人に選ばれたのを自慢気に話していたので娘も「絶対やりたい!!」と意気込んでましたが、残念ながら選んでもらえず。座席でシクシクなく娘・・・慰めるのに大変でした💦

おけいはん
あなた達二人のその物怖じしない行動に、超奥手で目立つのが苦手だった母はびっくりだよ。

休憩には座席指定席券と一緒に配られたおにぎり🍙とお茶を頂き、抽選会もあったり、終演後にアンケートを書いたらお土産付きの至れり尽くせりぶり。
その後は機嫌を直して終演まで堪能し、帰りの電車の中では「夏休みの思い出作文、文楽のことでもよかったなぁ!」と話すくらい、楽しめたようです。

 

スーパー主催のイベントは高確率で超お得です

コ〇ミヤさんに限らずスーパーなどが企画する工場見学やら貸し切り公演等のイベントって本当にお得です!
基本応募基準は、利用するスーパーで買い物したレシート添付のみ
今回は、ハガキ15枚で2組分、当選しました。(友達親子に譲りました)
応募の手間は多少あれど、ハガキ15枚(62円×15=930円)分でこんな有意義な一日を過ごせるなんてありがたすぎます

宝くじや雑誌の懸賞などより、よっぽど高確率で当たりますよ。
また、楽しそうなイベントがあれば是非是非応募したいです。

夏休みの思い出つくりに、子供のために頑張りませんか。便乗して大人も楽しめること間違いなしです。

 

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2019 All Rights Reserved.