子供 CHILDREN 日記(diary)

子育て母の色んな憂い事を少しでも軽くするために

投稿日:2018-08-01 更新日:

7月27日~30日の3泊4日の旅行の間九州にいた私たちは29日の昼過ぎから少しきつめの雨にみまわれ
1か所観光名所の見学をパスしたくらいで至って平和でした。

関西には28日に台風が上陸し
気象情報など見ても暴風、大雨、〇〇市(☜近所)避難勧告
などと、恐ろしい文字のオンパレード。ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ
シャッターは閉めてきたもののベランダに夏の間だけ取り付けるサンシェードはつけっぱなし
玄関前に娘の【ミニトマト】のプランターは置きっぱなし
車の横に無造作に自転車を並べたままで、出てきてしまいました。(*ノω<*) アチャー

トマトちゃんは無事か
自転車がガンガン倒れて車が傷ついていないか・・・考えだしたら、色々気になってしょうがなかったです。
結局のところ、家に戻ったらトマトのプランターは見事に倒れてましたが
自転車は無事?(ご近所さんがなおしてくれた?)で車が大きく傷ついたような所も見当たらずホッとしました。
全くリスク管理がなってませんでした💧
台風が接近してるのは分かっていたことで、対策を講じることはできたのです。

6月の大阪北部地震の後、
市の広報に「防災用品や地震対策用品の購入補助」の告知がありました。
地震直後はホームセンターの防災用品コーナーはスッカラカンの在庫切れの状態が続き
買いたくても買えない状態でした。
最近ようやく、一段落ついたようで今日、ホームセンターに別の買い物に行った時に覗いたら
ソコソコ物が並びだしてました。
いざという時の備えで「十分だった」なんてことはおそらくないでしょう。
かといって、スペース的にもあれもこれも、という訳にはいかない。
我が子(家族)を守るため家族構成・季節も考慮し、必要な物を揃えたり
入れ替えたりして備えていく必要があると思います。
「備えあれば憂いなし」です。

でも、子育て母にとっての憂いごとは多種多様
事前に行動できる(備える)ことで
心を少しでも軽くすることができるならやらない手はないですね。
        

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2018 All Rights Reserved.