子供 CHILDREN 日記(diary)

クリスマス、サプライズ演出で自称サンタ(親)は頑張っている

投稿日:

クリスマス

あと数日でクリスマスですね。

皆さんは【サンタクロース】っていつまで信じていましたか?

ただいま、小学5年生(11歳)の兄と小学2年生(8歳)の妹。
兄はクラスメートなどに「サンタさんは、お父さんとお母さんなんやで!」と聞かされているようで
去年頃から、かなりその存在を怪しむように・・・。
だけど、妹は未だにガッツリ信じています。

いずれは分かることなんだけど、できれば夢を壊さず伝える方法がないかと
プレゼント以上に、年々頭を悩ませるようになってきました。

 

 

小学生低学年の間は「サンタさんはいる!」

おもちゃメーカーのバンダイがクリスマスシーズンに合わせ毎年実施している
「今年のクリスマスに関する意識調査」というアンケートの中に面白い結果がありました。

■調査概要
【 調査目的 】クリスマスに関する意識・実態を探る。
【 調査地域 】全国
【対象者条件】0~12 歳の子供を持ち、クリスマスプレゼントの選定・購入予定のある親
【 調査手法 】インターネット調査(協力:株式会社クロス・マーケティング)
【サンプル数】800 人
【 構成 】

(全体)  0~2 歳  3~5 歳 6~8 歳  9~12 歳
男子 100 人 100 人 100 人 100 人
女子 100 人 100 人 100 人 100 人

毎年調査している『プレゼント項目』や『プレゼント予算』などの他に
年度ごとに聞いているトピックの2012 年度の設問とその調査結果

「あなたのお子様はサンタクロースを信じていますか?」

   引用:バンダイこどもアンケートレポートVol.207

全体の 800 人の子供のうち、半数の 52.6 %がサンタクロースを信じていて
8歳児くらいまでは 80 %近い子供たち「サンタクロースを信じている。」
10 歳を越えるとやっと過半数を割って現実的な思考となる。という結果でした。
小学生低学年の妹が兄のいうことよりも、サンタの存在を強く信じているのも納得です。

 

サンタさん・・・いてました!

サンタクロースが私達親と一緒にいてる時に子供の元に来て直接プレゼントを渡してくれたら
兄ももう一度信じてくれるのかなぁ、なんて思って調べてたら

ありました!!

まずはこれ。東京サンタクル https://santakuru.tokyo/  これは残念ながら東京23区内だけのサービス。

 

そして、もう一つはこれ。チャリティサンタ https://www.charity-santa.com/

チャリティサンタ

クリスマスの夜にサンタクロースに扮した団体のボランティアが
子供がいる家庭にプレゼントを届ける「サンタ活動」
サンタ活動の際の家庭からのチャリ ティー金(寄付)をもとに
世界の困難な状況にある子供達や、国内の一人親・貧困家庭・被災地の子供に支援を行う「チャリティー活動」の二軸で活動。
サンタクロースを通じて、日本と世界の子供両方にプレゼントが届くという仕組みで、25都道府県34支部で活動を行っているそうです。

そしてチャリティーサンタでは、数年後〜十数年後に読んでもらう「未来の手紙」を準備して、保護者の元へ送ってくれるそうです。

すごいと思いませんか?私は感動しました。

残念ながら我が家の活動エリア支部は受付締め切りになってしまっていましたが(遅すぎました💦)
活動を応援することはできそうなので、それだけでもやってみたいと思っています。

どちらも10月頃から申し込み受付を始めるようです、来年チャレンジしてみたいという方は是非💗

 

喜ぶ顔や信じる心を守るため、サプライズ演出で乗り切ろう

ということで、今年も我が家はイブの晩まで車のトランクにプレゼントを隠しておき
子供達が寝てから、夜な夜なリビングのツリーの前にプレゼントを並べる
という地味なミッションをクリアせねばなりません。
サンタさんとの手紙交換やら、サンタを感じれるようにサンタさんの忘れ物的なこともやってるし、クリスマスの朝には疑いだしている兄に夫婦で小芝居も打たねばなりません。笑

数年前のクリスマスプレゼントで
娘に【シルバニアファミリー】をプレゼントしようとした事があったのですが
買い物担当の主人、何と「家」だけ購入しラッピングしてもらい帰ってきたんです!
箱の写真に写っている人形や家具は中に納まっていると思っていたらしく💦
翌朝、開けてみてアゼン・・・・σ(∧_∧;)??
とっさに「サンタさん置き忘れちゃったのかもねぇ。一日遅れで届くかもよ♪」と取り繕い
25日に再度買いに走った、というイタイ経験があります。爆

クリスマスに向けて楽しみにしていること
「プレゼントをもらうこと」だけではなく
クリスマスケーキ🎂を家族で食べたり、家の中のデコレーションをしたり、
いつもとはちょっと違うごちそうを食べたり、というイベントそのものも楽しみにしている様子の我が子達。

『家で家族と過ごすクリスマス』を楽しみにしてくれる間は
子供達と絆を深める日として頑張りたいと思います。v( ̄∇ ̄)

みなさまも素敵なクリスマスをお過ごしくださいね☆

 

この記事もおススメです!

スマホセキュリティ 1

子供にスマホを手渡す前に家族で相談し、納得の上で決めたルール。 前回のお話 子供ですから口約束では使用方法を守るのが無理なのはほぼ決定的。 そこで、ルールを守らせるためのペアレンタルコントロールの設定 ...

2

今日はおけいはんママ、朝から歯医者に行ってまいりました。 昔の虫歯の治療って今ほど簡単に局所麻酔薬、使ってくれませんでしたよね? 診察台の上で手に汗、握りながら、涙が頬をつたおうとも 容赦なく鳴り響く ...

3

anSICHThoch3 / Pixabay 先日、少額(硬貨)を郵送で送付する際、+αの総額費用に(2種の方法によって)差額が出ることが分かりました。 一家の主婦として1円でも安い方を選びたい(ケチ ...

4

今回の話は子供にスマホを持たせることにした後、悩んだ子供スマホの機種と(TONEとの2択でしたが)決定ポイント、使い方の約束(ルール)について書きたいと思います。 子供にスマホを持たせるまでの話はこち ...

5

今年のGWの旅行の話です。毎年、GWはキャンプ旅行が多いのですが オールセルフのキャンプにだんだん疲れを感じてきていた老夫婦。笑 今回は「頑張るのは運転だけ!上げ膳据え膳で楽しちゃおう」をコンセプトに ...

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2019 All Rights Reserved.