子供 CHILDREN 日記 diary

夏休みイベントに当選!親子文楽公演

投稿日:2018-07-18 更新日:

ばんざい

関西と東海地方に100店舗近くある、某食品スーパー(コ〇ミヤ)。
店内出入り口付近には、いつも色んなイベントの告知用紙がぶら下がっています。
このスーパーに限らず、スーパーとメーカーのタイアップイベントって結構多いですよね。
我が家の攻略法について書いてみます。

キッカケは孫悟空

2年前に、スーパー主催の貸し切り文楽公演のイベントを見つけ申し込みしました。
今までこういう応募ハガキは当たらないもんだと決めつけていた私は期待もせずに、応募期間中に3枚ほどのハガキを出しました。「やっぱりダメだったかぁ・・・。」とあきらめかけていたところ、サクッと親子1組分、当選!O(≧∇≦)O!

その頃、息子が「孫悟空」を読んでおり、文楽の演目も「孫悟空」だったので、興味を持って伝統芸能に触れるいい機会かな、と思った次第です。
当たった当選ハガキを握りしめ、息子と主人で行ってきました。

 

文楽について

文楽とは

人形浄瑠璃(浄瑠璃という音楽に合わせた人形芝居)のこと。

浄瑠璃というのは日本の三味線音楽の一つで、
大夫物語全ての人物のセリフ動きなどを一人で感情豊かに語る人)と三味線(大夫と一体となって物語を盛り上げる人たち)からなります。

文楽人形は重さ3~10㎏、高さ120~150㎝ほどあり、その一体の人形を浄瑠璃に合わせて黒衣装をまとった3人がかり(主づかい・左づかい・足づかい)で動かします。

そして息子、演目と演目の間に限定3名!人形遣い体験もさせてもらえるという幸運☆
「やってみたい人~??」と聞かれ、みんなが挙げてるから挙げたという確たる希望はなかったようですが💦
文楽

選ばれし3名が壇上に上がって、人形浄瑠璃を触らせてもらいました。
息子は左手担当の「左遣い」黒衣装も着せてもらいました☆

 

文楽当選ハガキ、ゲットのためリトライ!

「息子(兄)が経験したことは娘(妹)にもさせてあげたい。」ということで今年は応募期間中、計15枚の申し込みハガキを投入。
名づけて『数うちゃ当たるだろう』攻略法です。笑笑

今回は必死でした~!!ヾ(;´▽`A``)

苦労の甲斐あり先週末めでたく当選通知のハガキが!ヾ(*ΦωΦ)ノヤッホーイ

まぁ苦労というほどの苦労ではありません。少々手間なだけ。
(何社かの)協賛メーカーの商品をコ〇ミヤで購入し、分かるようマークしたレシートをハガキに添付、宛先・応募者名などを記入する、という作業を15回。
あとはハガキ代62円×15枚=930円の準備。

結局、2通分当選ハガキが届き、知り合いに譲りました。
勝率にして13%(息子の時は33%)
このイベントは年々認知度が上がってきているみたいなので
1通当てるのに10枚分くらいは書くつもりでチャレンジされるのが良いかと。
はい、ズバリ!『数うちゃ当たるだろう』法しかありません。

国立文楽劇場のHPを見たら大人3900円・子供1500円と書いてあってビックリ!!Σ(・oノ)ノ
今回930円のハガキ代がかかりましたが、子供の一人分の料金すらかかっていません。

 

文楽公演、夏休みのサプライズイベントに

息子の時は、当選ハガキを持っていけば、軽食が出たり土産を持たせてくれたり至れり尽くせりでした。(例年のことなのかは不明です)

今年の演目は「瓜子姫とあまんじゃく」という日本昔話。
普段と違って夏休み期間は子供にも分かりやすい演目を設定している文楽公演。

今回当選分は娘と私とで行く予定です。
イベント応募企画って「どうせ身内に配るんでしょ。。」と疑い全く信じてなかった私。
でも数うちゃ当たるんですね!労力に代えがたい喜びがあります。

当選が決まってから娘には報告。
息子が行ったことを覚えていて「次は自分が行けるんだ!」とサプライズ企画を今から楽しみにしてくれています。
夏休みのいい思い出になるかな、私も文楽を見に行くのは数十年ぶりなので楽しみです。

合わせてどうぞ


文楽
文楽(人形浄瑠璃)の親子公演、ご招待イベントに行ってきました!

続きを見る

 

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2019 All Rights Reserved.