生活 ALL ABOUT 雑記 note

金魚にカルキ抜きは必要なのか、ない場合と代用法について(失敗談)

投稿日:2019-05-11 更新日:

金魚

子供が金魚すくいで持ち帰ってきた金魚を、どうせ飼うなら長生きしてほしいと思いながら飼いはじめ、でも飼育を極めたいわけでもないので熟知しないまま「金魚いきものがかり」になっているお父さんお母さん。こんなご家庭、結構多いのではないでしょうか。

我が家も持ち帰り当初、過酷な飼育環境を耐え抜いた金魚たちを結局は一式揃えて飼ってますが定期的な水替え・水槽の掃除などいつも面倒💦苦戦しています。

玄関に水槽を置いているので汚れてくると見栄えも悪く、かと言って月間スケジュールに組み込むほどきっちり決めてやっている訳でもなく、まさに思いたった時に気合で掃除を始めるのですが、そうすると色んなグッズの買い置きが不足してることがよくあり、どうしよう・・・となります。
グッズを買いに行くためだけにホームセンターまで行けない、でもせっかく重い腰をあげて掃除をする気になったからには今日中に済ませてしまいたい、そもそも、金魚ってそんなに完璧な状態でないと育たないものなの?なんて思い始めたり。。。。(ρω・).。oOモンモン

金魚飼育にカルキ抜きは必要なのか、今日中に済ませたい水槽掃除の際にカルキ抜きがない場合、簡単な代用法についてまとめます。

金魚にカルキ抜きは必要なのか

疑問極論から言うと、カルキ(塩素)抜きをしないことが直接死因になることは稀だそうです。

ですが、水道水の中に含まれている塩素は魚のエラなどの細胞を破壊し、呼吸困難の症状を引き起こす原因になるそうで、表皮粘膜を痛めたり、細菌感染しやすくなるので、元々金魚すくいなどで散々逃げ回って弱っている個体はさらに弱ったり、健康な個体でも調子を崩したりする可能性が高いとのこと。

金魚の体力次第では水替えごとに徐々に水道水の分量を増やしていき、カルキを抜いていない水質に慣らしていけば水道水で飼うこともできるようですが「大事に飼ってあげたい」と思うなら、カルキ抜きはしてあげた方が良いということですね。

おけいはん
大事に育ててます、でも今日しか掃除をする都合がつかないんです、カルキ中和剤は切らしていて買いに行ってあげれないんです。。。

もしくは
突如持ち帰った金魚を袋の水と水道水と混ぜたバケツに入れておくだけで大丈夫なの。。。
おけいはん

という場合には、どうしたらいいのでしょう。(後ほど私の失敗談があります💦)

 

金魚のカルキ抜きがないという場合

カルキ抜き(カルキ中和剤)がない、買いに行けない場合にカルキ抜きの水を用意する方法は、

  1. ミネラルウォーター
  2. 水道水を数分程度沸騰させた後、冷まして曝気(エアレーション)する
  3. 水道水を屋外の日光が当たる場所に半日ほど汲み置きしておく

水温は水槽の中(もしくは金魚袋の中)と同じくらいに調整してから金魚を戻します。

①のミネラルウォーターは、国産のもの(軟水)でないといけません。
美容目的で飲むような外国産のミネラルウォーター(コントレックスなど)はミネラル分が高い硬水が多いため、金魚には不向きですし、コスト的にももったいないです。笑

金魚に最適な水質はpH7.0くらいの軟水。
国産ミネラルウォーターの中でしたら、【南アルプスの天然水】【森の水だより】【おいしい水 六甲】などがこれくらいの水質です。

②の沸騰させた水道水の場合は沸騰の過程で酸素も抜けてしまいますので、冷ました後、その水を曝気して使います。量が多いのでまず冷めるのに結構時間がかかりますね💦

曝気のやり方

水に空気をさらし、抜けた酸素を供給する目的で行います。

バケツを二つ用意して物理的な方法で行います。水の入った方のバケツをできるだけ高い位置から空のバケツをめがけて、滝のように水を落とします。バシャバシャー、ゴボゴボという感じでできるだけ泡立つようにです。

この方法で、水に溶けている塩素などの揮発性成分も空気中へ移行されるので【沸騰させる】というの手順をはしょっても大丈夫なようです。
何回やれば?については、「10リットルの水で10回は曝気したほうが安心。」等と書かれています。

③はそんなに急ぎでない時には水道水を汲み置きしておくだけですので圧倒的に手軽です。
屋外に置くとゴミや飛散物が気になるという方は、室内であれば日が当たらなくても丸2日ほど置いておけば揮発して塩素は抜けるようです。
ただ、その時間的余裕があるのならホームセンターに確実なものを買いに行けるかな、とも思いますが・・・お金をかけずにやるならコレ、という感じです。

 

金魚カルキ抜きの代用、失敗例

レスキュー

以前、カルキ中和剤を切らしてしまっていて⇧の3つの方法を待てる時間もなく困っていた時
「ビタミンCの飴で中和剤のように即座にカルキ抜きができる」を検証していたサイトのことを思い出し、やったことがあります。

そして、この私のザックリとした性格がとんでもない悲劇に・・・・(TmT)ウゥゥ・・・

翌朝、登校前の子供が玄関先から大声で叫ぶ声が。
「大変だよ~!水槽がエライことになってるよ~!金魚も死んでるぅ!!」
水槽に目をやると昨日、水替えしたばかりの水槽の中が見えないくらいに濁っている  Σ ゚Д゚≡( /)/エェッ!
金魚5匹のうち1匹は動かなくなっていて、残りの4匹も口をパクパクさせ明らかに様子がおかしい。
昨日の私のカルキ抜きのやり方がまずかったのは明らかでした。

フィルターたった一日で真っ白だった中のフィルターが真っ黒、ドロドロに💦

マッハで金魚たちを避難させ、水槽の中のものをすべて出して洗い直し
ホームセンターまでダッシュし開店と同時にもろもろ(底砂利、エアポンプのフィルター、カルキ中和剤)を買いなおし総とっかえしました。
夏の暑い日で汗だくだくでしたが、とにかく必死でした。
濃厚な砂糖水に一晩泳がせ息絶え絶えの状態を見ていたらかわいそうすぎて、1匹の金魚ちゃんは申し訳なさすぎて涙が出てきそうでした。

そばで別の掃除をしていた主人に昨日の時点で疑惑の視線を投げられていただけに、現状復帰してから事後報告。出勤時主人は気づかなかった様子(´-ω-`;)ゞポリポリ
「それ見たことか。」という感じの冷たいリアクション。。。ホントに大失敗でした。

落ち着いてから、再度サイトを探して読み返すと、『1粒の飴を10Lの水につき5秒程度、指でスリスリしてすぐに取り出せばOK』と書いてありました。
我が家の水槽はGEXのスリム水槽で約16Lの容量なのでビタミンCの飴を7~8秒溶かす程度で良かったのです。それを、わたくし、ほぼ1個溶けるまで水に混ぜてしまったのです。w( ▼o▼ )w

飴に含まれる砂糖や添加物などの有機物は汚れの原因になり、溶かす量によっては水質が変わるのでカルキ抜きがすぐに手に入らない時の急場しのぎとして使いましょう。推奨はカルキ抜き(中和剤)です。とまとめられていました。
やるならやるで、きっちり読み込んでからやるべきでした。

水槽アフター必死の現状復帰後の水槽と金魚たち

飼育についてろくに勉強もせず素人が飼うのなら水道水+カルキ中和剤の使用が無難です。(もちろん水槽の水の量に合わせた量をいれることは大前提です)
100均などで粒タイプの物も売ってますが溶けにくいものもあり、我が家はサッと混ざる液体タイプを便利に使っています。

以後、カルキ抜きの買い置きだけは切らさないように気をつけています。

他にも
「キッチンペーパーを20Lで10枚くらい浸して15分くらい置けばカルキ抜きできる」
「水道水ではなく雨水を利用する」などの方法も見かけたことがありますが、雨水などは地域や季節によって(酸性雨など)水質がかなり違うし、塩素測定試薬などの検査ができればともかく、うまく安全に利用するには難しいようですよ。

 

まとめ

金魚
我が子にすくわれた金魚たち、金魚すくいで弱り切った和金(餌金)という種類の小さな金魚でしたので、そんなに長生きしないだろう・・・とタカをくくりながらも飼育セットを揃えるまではヒヤヒヤしながら見守っていました。
家にあった虫かご兼用の大き目のプラケースに水道水をはって金魚袋の水ごと、はなしてやった後(もちろんその時はカルキ抜きなどはありませんでした)次の週末までの間、その過酷な飼育環境を耐えしのんでくれました。
すぐに家族みんな愛着がわき、元気に飼ってやりたくてホームセンターへ水槽他一式を購入しに行きました。
今では玄関が定位置として出入りのたびに、その姿にほっこり癒されています💗

私の大失敗の一件で生き物を元気に飼うって大変だなぁと痛感しました。
カルキ抜きの代用法は、私のように行き当たりばったりでやらず、安全な方法でやってくださいね。
小さな命ですが、大事な家族の一員ですものね。

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2019 All Rights Reserved.