グルメ・お出かけ gourmet 家族 FAMILY 生活 ALL ABOUT 雑記 note

墓参りの時の花の選び方や注意点などの疑問を解消

投稿日:

供花墓参りに行く時の供花はどのような花を選んでいますか?
たくさんある花の中で供花に選ぶ決まりと言うものはあるのでしょうか?墓参りの供花(墓花)の選び方とお供えする時の注意点などを紹介します。

墓参りのマナーとして時期や時間帯、持ち物などについて


墓参り
墓参りのマナー。いつ行くべきか?行く際の持ち物やお供えについて

続きを見る

供花、墓花、仏花。違いは?

供花
一般的に、かつ厳密に分けるならお葬式の時に飾るお花のことを供花と言い、お墓に供える花を墓花仏壇などに供える花を仏花などと表現したりしますが「故人に供えるお花」と言う意味の総称で、お墓にお供えする花のことも供花と言っても何の問題もありません。

あえて違いをつけるなら、お墓の花立は筒径が狭く、長いものが多いので墓花用として売られているものは先の細かい茎や葉を長めに切り取り仏花用より長めにまとめられているものが多いようです。
花の種類に関しては、墓用、仏壇用などと言う区別はありません。

 

墓参りに避けておく方がよい花の種類

墓参りの供花に特に細かい決まりはないといわれています。長持ちする花故人の好みの花を選ぶことが多く、最近では見栄えの良い造花を選びお供えする方も増えてきています。

ですが、いくつか墓花にあまり適していないので避けておくといいと言われる花もあります。

トゲのある花 ⇒ バラ、アザミなど
毒のある花 ⇒ 彼岸花、水仙、スズラン、トリカブト、紫陽花など
香りの強い花 ⇒ ユリ、梅、バラなど
花粉や花びらが飛んだり散りやすい花 ⇒ ユリ、ツバキなど

毒と言えば死をイメージしますし、トゲのある花はそのトゲで怪我をする可能性があるなど「縁起が悪い」。
香りの強い花は虫が寄りやすく、飛んだり散ったりしやすい花は周辺のお墓まで汚してしまい迷惑をかける可能性があるためとされています。
ただしあくまでも避けておく方が良い。というだけです。
故人がバラが好きだったのであれば、他の人が入れ替えなどで触るようなことがあっても危なくないようにトゲを取ってお供えすれば大丈夫です。(*'-')b

 

墓花に造花はNG?

供花
墓花は生花でなくてはいけないというマナーはなく、暑さの厳しい地域では特に墓花として造花をお供えすることが一般的になっているようです。

季節によって(暑い時期)はすぐに枯れてしまいますので、お墓参りに行った時は生花をお供えして、造花に変えて持ち帰るというのも一つの方法です。
生花と造花を上手に組み合わせてお供えしてもいいと思います。

私の実家側の墓には墓地内に先祖代々の墓も含め6つの墓があります。関西地方ですが、お盆などの猛暑の時期には生花だと一日くらいしか持たないこともあります。せっかくお掃除したのにすぐに花立にある花が萎れてしまうのは、残念だなぁと正直いつも思います。
ただ、キレイで長持ちする便利な造花ですが、墓前に造花をお供えすることに抵抗がある人もまだまだ多いです。また、宗派によっては生花をお供えすることに意味がある場合もあります。
まだ主として墓守をする代ではなく親戚なども集う際の供花には、年配者の考えを尊重し生花を持参する方が無難かもしれません。

 

墓参りの供花(墓花)の費用の相場

墓参りの際の供花(墓花)の費用相場はいくらぐらいなのでしょう?

まず供花は一つのお墓の両脇に飾ることが多いので、花束2セット必要になります。

おけいはん
実家側の墓参りの時には、いつも6つのお墓×2セットでかなりの費用になりますし
持っていくだけでも結構大変なんですよ💦

大きな霊園の近くなどには供花を売っていたりしますが、彼岸やお盆の時期になると高騰します。(需要と供給の関係で母の日の時期のカーネーションと同じです。)
近所の花屋さんに供花として作ってもらう場合でも定番の小菊など色やバランスを考えうまく作ってくれますが、同じく時期によっては普段に仏花を買っている予算では淋しいボリュームになってしまう事も。
「1セットいくら以上でないといけない」なんて価格変動もあるため具体的な相場はなく、お金をかければいいというものでもありません。
故人が好きだった家の庭に咲いている季節のお花を持って行ってもいいのです。(この場合は費用はかからないということになります。)
お花には旬があって一番きれいに咲く季節のお花も供花にふさわしいのです。

 

供花を持ち帰った時にはどうする?

以前一度、母と父の月命日の墓参りに12セットの花束を用意して出かけたことがあったのですが、まだ数日しか経ってないのでは?というような綺麗なお花が供えてあったことがありました。
新しい供花を用意し持ってきたとはいえ処分してしまうには心苦しい感じで、結局、花立の水を替える時にお供えしてあった花の中で少し萎れているものだけを抜き取って、持ってきた花と混ぜて一対が左右対称に同じ組み合わせになるように意識しながら組み直し、お供えしました。
完全に余ってしまったお花は、墓地内にあるお地蔵さんにお供えして帰りました。

一度、お墓にお供えした花を別の場所(お地蔵さんのところ)や持ち帰って仏壇などに再びお供えに使うのは故人やご先祖様に失礼にあたり、やってはいけないと言われています。自宅へ持ち帰った場合などは仏壇ではなく、ばらしたりしてお部屋の観賞用として飾るのが良いそうです。

 

供花

色々説明しましたが、1番大切なのは故人を想う気持ちです。あまり固くは考えすぎず人柄を思い出しながらお花を選ぶことも素敵なことだと思います。
そして遺族みなの考えも考慮しながら素敵な墓花をお供えしたいものです。

良かったら合わせてどうぞ


合掌
墓参りなどに思うこと

続きを見る

 

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2019 All Rights Reserved.