グルメ・お出かけ gourmet 家族 FAMILY 生活 ALL ABOUT 雑記 note

墓参りの服装や手順、代行について

投稿日:

墓参り

墓参りに行く時、服装を悩まれたりしますか?
多くの方がお盆や春と秋のお彼岸、祥月命日などには墓まで足を運び、手を合わせられると思いますが服装のマナーや、墓参りのただしい手順ってあるのでしょうか。また、どうしても行けない時に代行参りを頼むことってどうなのでしょうか。
今回は墓参りの際の服装や手順、代行参りについて書きたいと思います。

墓参りの際の服装

墓参り

極論から言うと、墓参りには基本的に何を着てもかまわず、特別服装にこだわる必要性はありません
何より大事なのはお世話になった故人やご先祖様に対しての感謝だったり、供養する心そのものです。

ですが、あえて選ばないで行った方が良い服装は以下の通り。
◎派手な色や柄物
墓参りのために喪服まで着る必要はありませんが、派手な色柄の服は極力避けた方が良いと言われる寺の方も。黒、紺、グレーなど地味な色か薄めの色合いの服にして、原色や蛍光カラー、奇抜な柄派手な大柄の模様のものなどは控えます。

◎殺生を思わせる毛皮など
仏教では殺生を嫌うため、ファーコートやアニマル柄の服、靴やバックなどそれを連想させるものは避けた方が良いようです。

◎肌を露出する服
暑い時期でもタンクトップやショートパンツなど肌を露出しすぎる格好は、お墓に眠る人への敬意を表す意味でも避けた方が良いでしょう。
また霊園などは緑が豊かな立地のところが多く、虫に刺されやすかったり、伸びた枝などで怪我をしたりする可能性もあるため羽織りもので肌を守った方が良い、という点でも避けた方が良いと言えます。

◎歩きにくい靴
石畳や石階段、玉砂利が敷かれている所など、霊園内は平坦ではない歩きにくい所も多いため、歩きやすい靴を選びましょう。雨降りの日や雨上がりなどは地面がぬかるんでいたり滑りやすく特に危険ですので、スニーカーやヒールの低いローファー、はきなれた靴がおすすめです。

また、墓参りへの目的にもよると思います。
一年の節目の時にお墓の掃除もかねてのお参りする、などの場合は、掃除で汚れてもいい動きやすい普段着の方が良いでしょう。
〇周忌などと法事を兼ねている場合や、初盆、納骨などの際には、ご僧侶も呼んで墓前で法要も執り行われることが考えられますので、派手な色やスタイルは避け、式服で行かれた方が無難かと思います。

とにかく「失礼のない格好で行きたいけど、どうしよう」と考える気持ちを故人やご先祖様は喜ばれることと思います。

 

墓参りの手順、流れ

墓参り

step
1
お墓の掃除をする


水桶を二つ用意して墓前へ向かいます。一つは墓石の掃除など掃除を目的とした水、万が一汚れた水が入ってもよい桶です。そしてもう一つは後でお供え用や綺麗にした墓石の水かけを目的とした水です。
お墓に向かって一礼した後、お墓の掃除を始めます。
墓地内の雑草をひいたり枯葉やゴミを払い、墓石を濡らしたスポンジや雑巾などで綺麗に水洗いします。継ぎ目の部分は黒く汚れがたまりやすいです。
花立や線香立てなど取り外しできる部品は外してブラシなどで洗います。花立の中は特に汚れているので柄付きのスポンジなどできれいにしましょう。
最後に墓石を雑巾で拭きあげます。

 

step
2
お供えをする


供花供物水やお茶などのお供えします。
供花を一セットずつ花立に入れ、供物を供物台に置き、水鉢またはコップなどに水を満たします。
お茶をお供えするしきたりがあれば、急須から水茶を湯呑に注ぎ、供物台の上にお供えします。

五供って知ってますか?

「花」「香」「灯明」「水」「飲食」で「五供(ごくう)」と呼ばれています。
「花」は供花、「香」はお線香、「灯明」は墓前を照らす灯り(ろうそく)、「水」水やお茶、「飲食」仏飯や故人の好きだったもの、これらの5つを墓前や仏前にお供えするが基本と言われています。それぞれに深い意味があります。
お線香やロウソク等のお灯明も大事なお供えのひとつなんですね。

 

step
3
お参りをする


墓石にを静かにかけ、ろうそくに火をつけて燭台に立て線香に火をつけ数珠を持って合掌します。
宗派別でお線香のあげ方も色々です。
本数の違いや立てて供えるところもあれば、折って寝かせて供えるところもあります。正しいあげ方を親族などに確認しておいた方が良いでしょう。
お参りの順は厳密にいえば、故人と縁の深い順(血縁の近い順)と言われています。

 

step
4
片づけをする


供物は、野良猫やカラスに漁られる可能性があるため、持ち帰るのがマナーです。
供物を袋などにまとめ、持ち帰ります。

 

持っていくもの一覧


墓参り
墓参りのマナー。いつ行くべきか?行く際の持ち物やお供えについて

続きを見る

供花の選び方


供花
墓参りの時の花の選び方や注意点などの疑問を解消

続きを見る

 

墓参りの代行について

墓参り

お墓の場所がとても遠方だったり、家庭の事情、健康上の問題などでなかなか行けない時のために、専門業者に墓参りの代行をお願いするというのも最近は1つの方法としてあります。

家事代行ベアーズ 初回お試しプラン
やさしいお墓参りサービス 行きたいけど行けないを解決

定期的な代行や、代行してもらう範囲を(掃除やクリーニングだけ、自分の代わりに墓参りも)選べたりします。個人のお墓はどうしても管理が行き届かなくなりがち。
予約前に不安な事を無料で業者に質問することもできるようですし、忙しい世代やご高齢の方にとってこのような代行サービスがあるというのは助かる、と考える方も少なからずおられるのではないでしょうか。

代行参りに関しては賛否両論があります。
代行を使って体裁だけのお参りは、故人やご先祖様の供養にはならない。という反対意見や
諸事情で行けなくて、大切なご先祖様のお墓を放置しお手入れできないまま荒れ放題にしておくことへの罪悪感を持つくらいなら行けない時には頼むのはありだ。という賛成意見など。

私はまだ自分の足で行けますが、昔、寝たきりになった祖母がいつもお墓のことを気にしていたことを思い出します。

供養をする気持ちがあれば方法については可も不可もなく、事情に合わせて考えるべきだと思います。
そんなふうに真剣に考え、真心を尽くし、心で手を合わせ対話することも十分供養につながっていると思います。

 

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2019 All Rights Reserved.