お役立ち useful 生活 ALL ABOUT

証明写真をコンビニでお安くお手軽にゲットしよう!

投稿日:2019-02-08 更新日:

証明写真

プリクラが限りなく進化を遂げているように
街角の証明写真機も最近はすごいことになってますね。
1年前、車の免許証の更新のため写真を撮りに行ってビックリしました。
肌補正などの機能がついていたり
何度も何度も撮り直しができたり。
写真屋さんの商売あがったり状態です。
でも色んな機能がプラスされることで、ジワジワ料金もあがってきていると思いませんか??

おけいはん
一昔前は500円くらいだったのに、今は800~1000円位しますよね💦高い!

 

つい最近、義母の証明写真がいることになったのですが義母は施設入居中。
写真を撮るためだけに外出させるのは本人も家族も大変なので、どうしたものかと考えてました。

今日は簡単、きれい、24時間いつでも用意可能になった【証明写真】印刷についてご紹介します。

足の悪い義母はおかげで外出せず(家族がコンビニには行きましたが)
スマホ撮影証明写真を作ることができました。O(≧∇≦)Oワーイ‼

 

「コンビニ証明写真」ピクチャンについて

ピクチャン6引用:ピクチャンHP(こちらから写真が作れますよ☆)

スマホデジカメで撮った写真
コンビニのマルチコピー機から証明写真としてプリントアウトできるというもの。
全国に5万店舗あるセブンイレブン・ローソン・ファミリーマート(主要のコンビニですね)などで
1シート(3.5×4.5㎝までなら写真3枚、それ以上で2枚)200円から作れます。安い!
荷物の受け取りのような店舗指定もいりません。
つまり「今日中に用意しておきたい」と思った時に、自宅で自撮りし、すぐにプリントできちゃうという
すごーーーく便利なシステムです。

今は街角の証明写真機も撮り直しができるものがほとんどですが
やっぱりカーテンの中で何回も撮り直しするのって気が引けますよね💦

おけいはん
誰か順番待ってないかなぁ・・・とか。
いつまでも、中にこもって何やってんの?と思われたりしないかな、とか。

胸から上を撮るために写り込む上半身の服装も写真の用途に合わせ
整え出かけて行かないといけないのも面倒だったりします。

なんといっても、とにかく納得いくまで撮り直しして選べるというのは嬉しいです💗

サイズも一般的な証明写真サイズ(4×3㎝)から
パスポート・マイナンバーカードサイズ(4.5×3.5㎝)や各種資格試験用などの特殊サイズまで
お好みのサイズに指定して作れます。
(まれに公的写真で受け付けてもらえない時もあるとか書いてありましたが・・・どういう時なのかは不明です)

あと、ありがたいのが
プリント予約番号がメールで送信されるのでメルアドの登録はいりますが
面倒な会員登録はなし、アプリのダウンロード・インストールも必要なく
写真のデータも7日間でサーバー上から自動削除されます。
2018年12月からピクチャンHPからだけでなく
LINEで友達登録しトークで送るだけでも作れるようにもなったようです。(2019年2月現在)

会員登録とかすると以後メルマガ配信があったりとかが、わずらわしいんですよねぇ。
おけいはん

スポンサーリンク

 

ピクチャンで写真を作ってみる

自撮り

step
1
写真の用意

自撮り棒や100均で売ってるスマホ用三脚などを使ってセルフでも
家族に撮ってもらってもいいですね。
とにかくビシっと服装を決めておくのは上半身だけ。
下はパジャマでもOK!!という気楽さ!爆

アップロードの時に
サイズ(拡大・縮小・位置合わせ)のトリミングはできますが
背景処理はできないので、部屋の壁などをバックに撮ります。

 

step
2
登録し予約番号を取得

写真のサイズをボタンや任意の数字で選び利用規約に同意。
撮った写真をアップロード
ちょうどいいい位置にくるよう右にあるボタンでトリミングし、決定します。

ピクチャン2
確認後、決定するとメールアドレス登録画面に。
アドレス入力後、決定にてプリント予約番号の画面が表示、同時に登録アドレスに予約番号の通知が来ます。

 

step
3
マルチコピー機のあるコンビニへGO

セブンイレブンは全店舗対応
ローソン・ファミマはマルチコピー機を置いてある店舗を検索してから出かけてください。

セブン*画面の「プリント」「ネットプリント」を選択➡番号入力➡料金投入しプリントスタート
ローソン・ファミマ*画面の「コンテンツサービス」を選択➡「いつでもプリント」から「番号を指定してプリント」で番号入力➡料金投入しプリントスタート
領収書が必要であれば印刷終了時にコピー機で選択すれば発行されます。

出来上がりがこれです(ゆるめのモザイクかけてます💦)
私は最寄りはセブンイレブンなんですが、たまたま出先の近くにあったファミリーマートで印刷。

やはりクオリティは写真屋>証明写真機≒コンビニ証明写真って感じですが
取り急ぎの場合はこれで十分な気がします。とにかく安いのがありがたいです。

 

Bizi IDというコンビニ証明写真もあります

ローソン・ファミリーマートで可(セブンイレブンは対象外)
スマホでの作成時は専用アプリをダウンロード後、使用(会員登録はこちらも不要)
写真の保存が6ケ月と長い
美白・傷などの肌補正ができる
ファミリータイプで4人までの証明写真を一度に分割作成できる
異なるサイズの写真を一度に作成できる(300円)
6枚200円、12枚300円と枚数はピクチャンより大目に印刷される

Bizi ID(HPへとびます)とピクチャン、一長一短ありますね。

証明写真って使用できる期限もあるし、そんなに枚数いらないんですよね。
そして古い証明写真の残りがどんどん増えていく・・・
顔写真をシュレッダーとかゴミ箱ポイってちょっと抵抗があって捨てにくいですよね。
あと、過度な補正は偽造になっちゃいそうで、これも証明写真プリントには不要かな、と思います。
「写真データの削除が早い」というところ、我が家の近所はセブンイレブンが多いので
「近所のコンビニで便利」というところなどはピクチャンがいいなぁ、と思うし
マイナンバーカードを家族分一気に作りたい、色んなサイズがいるって時にはBizi IDが絶対いいですね。

今度、機会があればBizi IDでも試してみようかな、と思ってます。

 

まとめ

セルフ写真

今回は証明写真を撮りに行くのも一苦労の義母のために
手軽作れるコンビニ証明写真【ピクチャン】を実際に使ってみての方法や感想をご紹介しました。

他の方のレビューを見てると、店ごとによって印刷機のコンディションが違うみたいで
ちょっと博打っぽい要素もあるのかも・・・。

自分で写真屋や証明写真機まで撮りに行けるよ!って方でも
好きなだけ時間をかけて写真を撮って・選べるということ、
圧倒的に安いことは大きなメリットだと思います。

良かったらお試しください☆

 

 

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2019 All Rights Reserved.