健康(health) 子供 CHILDREN

インフルエンザの予防接種は子供はいつ・どんな種類を受ける?

投稿日:2019-02-03 更新日:

インフルエンザ

今シーズン、スタートは遅かったもののお約束のように例年通り大流行しているインフルエンザ。
子供を持つ親としては本当に厄介な病気です。

我が家は家族全員、毎年必ずインフルエンザの予防接種を受けています。
理由は急性脳症肺炎などの重症化が怖いから。

ですが昨シーズンも今シーズンも息子はがっつり罹りました。
そして、忙しかった1月に息子➡娘➡主人と順番に罹患してくれました。
インフルエンザA型で息子も娘も40℃近くまで上がり
病院へ連れて行き薬をもらうまでは、身の置き所のない様子でとても辛そうで
意識もやや朦朧💦としていて、付き添っているこちらが焦るほどでした。
抗インフルエンザ薬投与後も昨シーズンとは違ってスパーーン↘とは下がらず
その後数日38℃代の熱がフラフラ続きました。

インフルエンザに限らず、予防接種は受けていても発症しないわけではありません。
なら、予防接種いらないんじゃね?!」と思う人もいるのでは・・・。
医療現場で働くナースとして、子供の母として、
インフルエンザに関する疑問(最適な接種時期・種類・罹患後の対応)あれこれについて書いてみたいと思います。

今さらですが・・・インフルエンザについて

流行性感冒のことで感染力が非常に強く、感染者の咳やくしゃみなどにより飛沫感染します。
普通の風邪と違って突然38℃以上の熱が出たり、頭痛や関節痛、筋肉痛などが出ます。
潜伏期間は1~2日。発症1日前から1週間ほど周囲へ移す可能性があるため、最も感染力が高い発症後3日間を過ぎ、体調が軽快しても1週間程度は外出は控える方がいい、とされています。
昔は対症療法しかありませんでしたが、現在は色んな抗インフルエンザ薬が出ていて投与にて早く軽快するようになりました。

 

予防接種の必要性

「受けても罹る時は罹るし、お金かけて、痛い思いさせて、受ける意味ないね💦もう次からは止め止め!」と
言いたいところですが
「じゃあ予防接種を受けていなかったらどうなっていたんだろう?」と思うと
やっぱり次シーズンも受けさせるんだろうなぁ・・・と思います。

実際、データ上では予防接種を受けることで6~7割は発症を予防できるようです。
そして、予防接種を受けておくことで発症しても重症化は避けられると言われています。

おけいはん
ある意味、残りの3~4割に毎年ヒットする息子ってスゴイのか??笑

毎年、流行を予測して型を変えて作られるインフルエンザワクチンを打ち続けることで
徐々に免疫(抗体)がついていってくれたら・・・と願い、受けさせています。

「今まで罹ったことないし大丈夫!」なんて安易に考えるのは危険で
ワクチン(予防接種)を一度も受けたことがないような人がインフルエンザに罹ると
体の出来上がった健康な成人であっても重症化する事があるそうです。

 

予防接種を受ける時期

予防接種

昨シーズンは初冬の時期、インフルエンザワクチンの不足で大変でしたよね💦

早めに受けて、春頃に流行るB型の時期の効果を心配される方も多いですが
B型自体がA型に比べると症状が軽いことが多いですし
予防接種の効果は約半年くらいありますので、かかりつけが予約を始めたらOK
流行期(12月~2月)の前に終わらせておくのが正解です。

子供の場合、2回接種(13歳未満の場合は4週間ほど開けての2回の接種が必要)なので
逆算すると10月中には1回目、11月中に2回目くらいのスケジュールが理想です。

 

インフルエンザの治療薬、種類が色々あるけどどれがいい?

従来の治療薬
「タミフル」は1日2回5日間のカプセルの服用
「リレンザ」「イナビル」は吸入式。小さいお子さんは服用が少し難しかったりします。

2018年3月に発売された新しい抗インフルエンザ薬『ゾフルーザ』
副作用も少なく小児も飲みやすい小さな錠剤で1回の服用で完了
服用にて他者への感染力も24時間ほどでなくなる効果も期待できるとか。(☜これ、すごいですね!)
圧倒的に患者の負担が少ない薬のようです。(我が家族は使用したことがありませんが・・・)

今回、子供達が行った病院では『ゾフルーザ』は処方してくれず「イナビル」でした。
患者側の立場で薬を指定してあれこれ言うのもどうかなぁ、と思ったし
新しい薬でもあるので、医者の指示に従うのが賢明かなと思いました。
(出し惜しみではなく、最適をチョイスしてくれていると思いたい ☜心の声)

イナビル」は小学生の児童であれば服用できます。
10歳未満は1容器10歳以上は2容器吸入し完了です。
2年生の娘の時には笛のようなもので練習してから薬剤師さんの前で吸入しました。
ですがこれ、練習が絶対いります!<(* ̄^ ̄*)>

二人の子供の服用を目の前で見ましたが、息子は前年度も経験あり、2容器を難なくクリア。
娘はまさに初体験!でして練習してからの本番吸入でしたが
緊張したのか?くわえてすぐに大きく吸わないといけないところ軽く吐いてしまうという大失態💦慌てて吸ってましたが吸入薬にイナビルの粉が残ってる・・・・
スライドさせ2回目はうまくいきましたので、目の前の薬剤師さんに

おけいはん
少し容器内に残っちゃってる感じですけど、もう1回しますか?どうなります?
って聞いたら「これは10歳未満は1容器が決まりですので、追加吸入はないです」
とキッパリ・・・・。(ノ△・。)
イナビル

引用:第一三共使用説明書 リーフレット

娘はわりと何でも器用な方なんですけど、これですからね。低学年のお子様には少し難易度高いかも・・・・というのが正直な感想です。

 

インフルエンザに家族が罹った場合の感染防止

マスク

家族の誰かがインフルエンザの判定を受けた場合
すでに他の誰かが移っている、という可能性は潜伏期間から考えても少なくはありません。

ですが確定した時点からでも、飛沫感染によるものなので
食器やタオルなどを共用しない、寝室を分けるなどし隔離する、のがいいのですが
子供が罹れば、1人隔離というわけにもいきません。

帰宅時の「手洗い」「うがい」
バランスよい食事・十分な休養
室内での適度な加湿とこまめな換気
マスクの着用
感染者との濃厚接触(顔を近づけたり)を極力避ける
予防投与する ➡ 次の5.で詳しく

私は息子と娘、二人が熱でうなされていた夜も川の字で一緒に寝ましたが上記励行し、結局罹らずに済みましたが
主人のように予防投与のための受診はしてなかったので
家族内感染の可能性がなくなるまで、始終マスクマンの状態でそれはそれで辛かったです。笑

 

予防的処方もしてもらえます

予防薬

実は主人もおそらくインフルエンザ?!という症状があったのですが非常に軽くですみました。

1月はどうしても体調を崩せない所用があり
息子のインフルエンザが確定した時点で近医へ行き、抗インフルエンザ薬を処方してもらったのです。

予防投与の場合は保険適応外になります。
現在、国内でジェネリック医薬品になっているのは、タミフルだけ。
ジェネリック処方してもらいましたが結局、3分診察+薬代で4000円越えでした💦
あと注意することは、予防投与の場合は感染者接触後2日以内に服用開始することです。

主人の場合、接触は「息子の発症時から」と考えると内服開始はギリ2日という感じで
微熱が出始めてましたが、内服開始が早かったので
結局、微熱のまま推移しプラス倦怠感くらいで終息、高熱は抑えられた感じでした。

スポンサーリンク

 

働くママを悩ませる、子供の出席停止

学校保健安全法でインフルエンザの出席停止期間の基準があり
子供の学校でもインフルエンザ判定された報告の電話をすると「〇日まではお休みですねぇ。」と言われます。
その日までは登校させちゃダメよダメよダメなのよ~!!(吉本ネタです笑)とくぎ刺されてるようです。
出席停止期間の基準は
「発症した後5日を経過し、かつ、解熱したのち2日(幼児は3日)を経過するまで」です。

インフル早見表

もちろん学童保育も受け入れストップなので
病児を家に一人にしておけないためママはお休み取ったり、身内に頼んだり。
きょうだいでずれて次々罹るとその期間がますます長くなるし
世話をする自分も罹らないようにしないといけない・・・ホント大変です!!!

私もがっつり働いていた時は子供が体調が悪そうな時、流行り病の噂を聞いたり時期が来たりすると
いつもヒヤヒヤしてました。
家族の(子供)ために働いているのに体調不良の時に職場に対して後ろめたくて
そばにいたくてもいれない、とか・・・ホント何とかなりませんかね💦

 

まとめ

南極

南極では風邪をひかない、とかいう話は
「寒さで細菌やウィルスが生きられない」というのはデタラメらしく
人の交流が少ない場所なので、ウィルスに感染する機会そのものが少ないから。だそうです。

逆に言えば人が行き交う学校・職場・地域社会は
否が応でも引きやすい環境ということです。

4.で書いた、地味だけど「手洗い」「うがい」「マスク」や
「食事」「休養」「室内環境調整」
(⇧書くのは簡単💦)を粛々と行うしかありませんね。
予防接種を受けたら無敵!ではないのです。感染予防は日常生活から!です。

早く暖かい春、来ないかな~

 

 

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2019 All Rights Reserved.