子供 CHILDREN 日記(diary)

【某音楽教室】入るの簡単、やめるの大変。だった話。お稽古をやめる、って難しい。

投稿日:2018-07-19 更新日:

親戚から譲り受けた電子ピアノが置きっぱなしになっていた我が家。
小学校に上がってすぐ、娘が「ピアノをやりたい」と言い出しました。

その時あまり熟慮せず
ポストに入っていたチラシを見て体験レッスンに行かせ、その流れのまま
ヤ〇ハ音楽教室に通いだしました。
小学1年生からの「ジュニア総合基礎コース」というグループレッスンのクラスです。
ドレミで歌ったり、リズムをたたいたり、色んな楽器を触って
指のトレーニングをしたりと、いう音楽体験みたいなコースです。
1年間、家ではほとんど何もやらず月3回遊びに行く感覚。
様子を聞くとリトミックのような事ばかりやっているようで着席したエレクトーンを触ったりもしてましたが
結局1年間で両手奏は数回ほどしかやってない。
独自の教材を使用し、体調不良で休んでも振替レッスンはなし。
担当先生の力量にもよるとは思いますが音感・聴音は少しついたかな・・・と思うくらいで
楽譜もほとんど読めない。

「このまま続けていて、いつになったら
そこそこ弾けるようになるのかな・・・?」と感じ
色々調べてみると、ヤ〇ハは幼児科から初めて小学生の時点でまず総合専門にふるいをかけられる。
幼児科から始めなかった時点で「のんびり楽しく頑張りましょう」ってスタンスなんだ、と分かりました。

別に立派な先生に教育を受けて
ピアノ一筋になってほしい訳でもない。
じっくり時間をかけて身につけるにはいいかもしれない
歌やいろんな楽器やお友達との関わりを楽しみたいというならグループレッスンは最適だと思う。
でも正直、月謝のわりに物足りなさを感じましたしあまりにも辛気臭い、と感じてしまいました。
(あくまで個人の意見です)

それでもやっぱり一番大事なのは本人の気持ち。
本人が続けたいならそれも致し方ない、と思いながら5月の「ジュニア基礎コース」2年目の更新前に
「もうすぐ1年になるけど、続ける?」って確認すると
ん・ん・んーーー💦〇〇ちゃん達と会えるのは楽しいんだけどね。」と、悩んでる。
「近所のお宅でピアノの個人レッスンしてるんだけど一度覗かせてもらう?」と聞くと
行ってみたい!」・・・即答でした。((゚д゚;ノ)ノ

結局、娘は個人レッスンの教室に変わりたい、と
言いだしました。
でも、そこからが大変でした💧💧

すでに通っている知り合いのママから
コース変更(縮小)だけでも、とがめられるし
どんどん料金は上がっていく、やめるにやめれない。と聞いていたのです。
そういえば体験の後も、考える余地なし「もちろん入会されますよね?」的な感じだったなぁ。
「ヤ〇ハの教育システムは素晴らしいんです!」と鬼気迫る受付の対応に、かなりドン引きしました。
「次の更新はしません」と言い切るぞっ!と気合十分で受付に座り、話ましたが
受付の人に、何だかんだそれはもう色々言われました+゚(。pдq)+゚。
「1年で判断するのは早すぎる」
〇〇ちゃんはとても楽しそうにレッスンを受けられてますよ」
・・・・・ρ(・ω・、)
「兄とのお稽古の兼ね合いもあって」と言ってもそちらを何とか都合つけれないのか?と
我が家の週間スケジュールまで聞いてくる・・・。

更新締め切り日(15日)を迎える
レッスン日ギリギリまで契約終了のサインも毎度保留にされました。
(あくまで娘が通ってた教室の話です、全てそうとは限りません)
それでも何とか退会し、今は個人のお宅でピアノを習ってます。

まだ、数か月ですが
「弾けるようになってきている」と実感があるようで
練習も進んでしてます。

お稽古って何でもそうなんですが
本人が「やりたい」と言い出してはじめても
実際やり出したら、楽しめないってこと、ありますよね。
1回の体験レッスンではそれはきっと分からない。
子供の「やりたい」に惜しみたくない、という親心で送迎の時間・かかる費用も覚悟の上
はじめさせたのに、早々にヤル気をなくされた日には、親としてはもうガッカリ。
せっかくはじめたんだからソコソコ身になるまでは・・・とか、お稽古のために準備したもの(道具やユニフォームやら)がもったいない・・・とか、今は嫌でも頑張って続けることでいつかはいい結果につながるのでは・・・と、いつの間にか親の意地自己満足?にすり替わってることがあります。

「この子にはこれは向かなかったんだ」って
いう事が分かっただけの勉強料と思えば良し。
「またやりたくなれば再開すればいい」と思える懐の大きい親になりたいもんです。

 

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2018 All Rights Reserved.