家族 FAMILY 旅行 travel

宮島・大久野島へ遠方から車で行く場合の過ごし方、駐車場、費用ついて

投稿日:

車夫婦そろって車の運転が大好きな我が家。

大阪から宮島・大久野島へのGW島巡り旅行を思い立ったのが遅かったこともあり
新幹線の空席も確認しましたが確保できなかったため、かなりのロングドライブですが大阪⇔広島の総走行距離1000㎞弱(途中であちこち寄り道した距離も含めて)の旅に出かけました。

ロングドライブでの車での過ごし方、島滞在時の車のパーキング事情、費用などについて書きたいと思います。

大阪から広島へ。渋滞区域をいかに早く抜けるかがポイント

高速渋滞
前日にそれぞれ、荷物を用意して玄関前に準備。
キャンプ旅行などとは違って、用意するものと言っても着替えくらいですから本当に楽ちんです。

車で旅行する際はたいがい、目的地(距離)に関係なく朝の5・6時代には出発しています。
子供が小さい頃には、半分寝ている状態のパジャマのままの子供を車に押し込めていたこともあります。

関西の大阪・京都・兵庫の都市部の高速道路ではいつも慢性的に混みやすい所がありますから
そこをいかに早く抜けてしまうかが、その後の目的地到着時間にすごく大きく影響するからです。
往路早々から渋滞に巻き込まれたりしたら、イライラしますもんね。
そのため、行きは一番近くの最寄りの高速ICから乗り込みます。

車が混みだす時間までに少しでも距離を稼ぐため
朝食は前日に用意したおにぎり🍙とそれでは足りない場合は高速ICに乗る前にコンビニに寄って朝食を調達しています。
早朝のSA(サービスエリア)はビックリしますよ!トラック車両でいっぱいなんです。
とても混んでますし、中のお店が全て開いてないことも多いです。
少しでも現地に早く到着して楽しみたいので、トイレ休憩や運転交代以外は我慢我慢で走ります。

 

ロングドライブ、車の中での過ごし方

車の運転に集中するために子供を後部座席でいかに静かに過ごしてもらうか、が課題の我が家。

後部座席モニターでテレビを見せたり、子供向けのDVDなどを何枚か持っていき映画を見せたりしています。
あとはDS。普段、家で使う時は時間を決めて使わせていますが、旅行の時だけは特別にさせてあげたりします。それだけで子供達は大喜びです。
動いている車内なので車酔いしない我が子達でも、やはり手元操作は目が疲れてくるのかそんなに長時間し続けることもないですよ。

後席モニターなどがない車の方はこんな方法も。
手持ちでも見れるし、前席のヘッドレストにカバーして取り付けられるようなDVDプレイヤーが10000円ほどの値段で売っています。
車にオプションで付けるよりも安くて、全然間に合うような商品が今はありますね。

昔に比べたら、本当に車での移動も快適になっていますよね。
今の子供達が羨ましいです。
昔はエンドレスで「しりとりゲーム」とか、退屈すぎて寝るしかなかったですから。笑

足が疲れないように(エコノミー症候群防止のため)荷物は後ろのトランクに入れないで
あえて1列目と2列目の間の隙間を埋めるように置いています。
子供達は靴を脱いで荷物の上に膝を伸ばして座っていると、とても快適なようです。

 

宮島へ到着、車を駐車場へ

フェリー駐車場
東(関東・関西など)から高速道路を利用し、宮島に行くための最寄りの高速ICは廿日市ICです。
そして廿日市ICから宮島口を目指して下道を走ります。

宮島口周辺は駐車場にはほぼ困ることはありませんから安心してください。
車で広島入りされる観光客が多いのでしょう。周辺には駐車場がたくさんあります。

マイカーも一緒の乗船もできますが
宮島入りするとコインパーキングはありませんので、事前に宿泊先に車で宮島入りすることを連絡しておかないとマイカーの置き場所に困りますよ。

我が家は本土の宮島口フェリー乗り場近くの駐車場に停めて、荷物を持って歩いて乗り込みました。
駐車場代は1000円/1日くらいが相場のようで、1泊停めておくと2000円になります。

宮島口⇔宮島間のフェリーは大型で常時往復しています。
1本乗り遅れてもJR西日本フェリー松大汽船という2つの会社のフェリーが並んでありますので
宮島口に到着した時点で早く出発する方のフェリーに乗ったらいいという感じです。
乗船料金も2社とも同じですから。笑

 

大久野島は駐車場確保がポイント

大久野島(うさぎ島)は広島市より西側にある廿日市から、東に戻るように海岸線を走り呉市と尾道市のちょうど真ん中くらいにある竹原市にある忠海港からフェリーに乗ります。
この忠海港、宮島口とのギャップに驚くほど閑散としています。

10~15分のインターバルで周回している宮島とは違い、本数や客船の規模も全然違います。
マイカーを停めておく場所も、港付近の最寄りは数が限られています。(ただし無料💗です!)
そこが満車だった時が大変。少し走って近くのコインパーキングに停めるしかないような感じです。

あと、⇧グーグルマップにもあるように広島県尾道市~愛媛県今治市をつなぐしまなみ海道の途中の大三島盛港から乗船する方法もあります。

乗船時間は事前に公式HPなどでチェックし余裕をもって移動されることをオススメします。
私達が大久野島から本土へ降りた時は乗船待ちの長蛇の列ができていて、最後尾の方などはすぐに乗れないんじゃないかと思うくらいの混雑でした。

「うさぎ島」の名で急激に有名になり、島じたいも小さいのでフェリーの不便さはしょうがないのかな、とも思います。
忠海港フェリー乗り場の近くには、小さなお土産屋さんが一つだけあり、可愛いウサギのポストカード他グッズが売っています。

大久野島公式サイト

島内の宿泊施設は休暇村のみしかありません。
もしくは車で島へ乗り込み、オートキャンプ場で過ごすかです。完全2択!状態です。
車で島内に行く場合は休暇村に事前に連絡が必要になります。

 

まとめ

大阪から宮島など広島へ旅行に行くアクセス方法は、以下の通りです。

●新幹線
●車(マイカー)
●高速バス

新幹線で行くなら指定席で座席の心配もせずに行きたいですよね。
そうなると大人二人、子供二人の家族4人ともなると大阪広島間の新幹線代だけでもざっくり10000円/人で子供が半額としても計30000円。これが往復かかります。
荷物の持ち運びも必要です。

高速バスに連れてってもらう、という方法もありますが、それでも1人3000~5000円ほどかかりますし、何と言っても自由度が低いのでうちは主人がバス利用は絶対してくれません💦

なら最寄りの高速ICから乗っても普通車1台8000円ほど。
ETCで乗れば休日などはさらに30%割引になります。
往復分、ガソリン代を考慮しても間違いなく新幹線利用より車(マイカー)の方が安いです。

あとはドライバーが安全運転に気をつけて頑張るだけ。
我が家は普段街乗りでは使いにくいので宝の持ち腐れ状態の自動運転走行機能を高速運転の時には使っています。アクセルを踏み続けないでいいのがこんなに楽なのか!という感じです。

家族のペースで気ままに寄り道などもできる車での旅、今回のようにあちこち移動を考えているなら、なお車は自由が利きいいですね。ドライバーは少々疲れますが楽しめると思います。

楽しい旅行になりますように。

 

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2019 All Rights Reserved.