エトセトラ(etc) 生活 ALL ABOUT

「名前」は、はじめての【親からのギフト】(koki名言)

投稿日:2018-07-16 更新日:

助産師の仕事をしてた時、退院までの1週間ほどの間に
早々に名前が決定したご家族のベビーちゃんのコットには名札に名前を書き込み
改めて「おめでとう!」の気持ちで
お披露目をしてました。
義父母が氏神様に依頼した命名候補の中につけたい名前がなくて「どうしたものか・・・」と
嘆く産婦さんがいたり。
漢字は忘れましたが、ジュエルとかルージュとかほぼほぼ読めないであろう、あて字をあてがい
名づけるご両親がいたり。(まさに、キラキラネーム☆)
色んなドラマがありました。笑

私は、というと
不妊治療でやっとのことで授かった子供。
貴重なマタニティライフを楽しみたかったのですが2人とも臨月まで、ひどい悪阻が続き
廃人生活をしていたので名づけ本をペラペラめくっては候補の名前を姓名判断するという作業が
唯一の妊娠期の楽しみでした。
つけたい名前であるという事を大前提にできるだけ良い字画で。などと思う親心・・・。
でも調べれば調べるほど自分達の付けたい名前であり、かつ苗字にマッチする名前がなくて
「よし、これだ!!」と思っても
別の本ではダメよダメよダメなのよ~。と書いてあったり。
(☝あ、これ吉本ネタです。こんな風には書いてませんでした。笑)

旧字体ならOK、新字体ではダメとか。
本によって書いてあることが全然違うこともあったりで完全にドツボ状態(´;δ;`)ううう
2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」の西郷隆盛。(見てます?)

彼は
幼名は小吉、通称は吉之介、善兵衛、吉兵衛、吉之助と変更。元服時に隆永のちに武雄・隆盛と変更。
って、いったい何度名前変えたら気が済むんじゃーい!
姓名判断ではどの名前が良いのでしょうね??

明治4年に「戸籍法」が制定され翌年から本格的な戸籍制度が開始され
きっとこの頃から、戸籍の整理のため名前をいくつも名乗る、次々変更するなんてことは
なくなっていったんですね。
昔の偉人のことなども考えると名前の字画の良し悪しが運命を決める!なんて危惧する
必要ないんじゃないかと思ったりします。

実は
息子の名前、新字体だと字画が良くないということが後々発覚しまして
しばらく自責の念にかられていました。
でも、どうしてもって時にはチャンス(改名)が全くない訳でもないですし。

夫婦で我が子を思い、
つけた名前。「この字画がバッチリだったんだよ」というより
「こういう思いでつけたんだよ!」と子供に堂々と言える方が、きっといい。

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2018 All Rights Reserved.