グルメ・お出かけ gourmet 家族 FAMILY

秋の奈良、明日香村で彼岸花鑑賞に古代米ランチがおススメ

投稿日:2019-09-19 更新日:

関西の観光名所と言えば、京都。そして奈良。

どちらも秋になると風情があり、ほっこりできるスポットがたくさんあります。

秋の鞍馬・叡山電車もいいですよ


くらまの天狗
くらま温泉は京都でおすすめの名湯。日帰りでも楽しめます!

続きを見る

夫婦二人だった頃は、風景写真を撮影するのが趣味だった主人に連れられよく奈良へ出かけました。
散策に一眼レフ・二眼レフ・デジタルカメラと3種類のカメラをリュックにつめて
目で見て、写真に収めて、楽しんでました。
奈良の風景はとても叙情的なんです。

秋になると毎年出かけている明日香村のご紹介です。

奈良の「あすか」は明日香?飛鳥?

奈良中央部に位置する高市郡・明日香村
ドライブ好きの私は車でしか行ったことがないのですが
電車だと近鉄吉野線の「飛鳥駅」が最寄駅です。

橿原神宮のある橿原市や吉野などが隣接している奈良大和路、まさに歴史街道です。

で「あすか」は明日香なのか飛鳥なのか???

昔あった飛鳥村他、3つの村が合併して「明日香村」という1つの村になったらしく
最寄駅は「飛鳥駅」のまま。
日本初の寺院「飛鳥寺」もありますしね。どっちが正解、というのはないようです。

 

秋の「明日香村」は見どころ、たくさん

明日香村には巨石30個を積み上げて造られた【石舞台古墳】
聖徳太子生誕の地である【橘寺】
秋の恒例のイベント『飛鳥光の回廊』で和傘献灯美のライトアップが見れる【岡寺】など
点在した名所が幾つかあります。

明日香村の散策には、乗り捨てできる自転車をレンタルして点在する名所を回るのがベストだと思います。

我が家は車で出かけることが多いのですが
いつも駐車場を探すのに一苦労するし、狭い車道も多いです。
付近の路線バスは本数が少ないので、レンタル自転車が一番行動しやすいと思います。

そして秋の散策なら、石舞台古墳から約2㎞ほどの所にある
明日香村・稲渕地区が特におススメです。(次章で詳しく⇩)

ちなみに、毎年行われている『飛鳥光の回廊』も限定2日間ですが、一見の価値ありですよ。
(2019年は9月21日・22日にかかしコンテストと同時開催)

明日香村の詳しい情報についてはこちら ⇒ 明日香村観光ポータルサイト

 

彼岸花とかかしのコラボレーション?!

明日香村、稲渕は棚田の広がる「農村の原風景」って感じで日本の棚田百選にも選ばれている場所です。
その棚田の畔や土手に自生した彼岸花が見渡す限りに咲き乱れます。
棚田の黄緑色と彼岸花の赤色が、ストライプの絨毯みたいで見とれるような美しさです。

彼岸花が咲きだす毎年9月頃から稲渕の【かかしロード】と呼ばれる区域で
「かかしコンテスト」(2019年で24回目)が行われます。

かかしコンテスト  かかしコンテスト

数年前の写真ですが、この年の一番大きかった『金太郎案山子』!
子供達と見比べてもらっても分かるように巨神兵のようなサイズです。(笑)

設置する大変だったろうなぁ、雨風で倒れないのかなぁ、などと
心配になるようなサイズや手の込んだ作りの物も置いてあったりします。

「かかしコンテスト」、毎年テーマが決まっていて
日本童謡などをテーマしたりして、棚田のオーナーや一般の方が応募され
観光客が審査員になってコンテストの投票もあります。
コンテストの景品は棚田の米!!

かかしの展示は8月末から11月くらいまでされているので、ゆっくり鑑賞したい方は平日が良いと思います。

 

棚田の米でランチ

奈良の飛鳥米は特Aランクのヒノヒカリ

明日香村にはヒノヒカリ古代米地産野菜などをふんだんに使ったランチメニューのお店があります。

古代米ランチいつぞやのランチ♪

古民家風のレストランやカフェでワンプレートランチや古代米カレーなど
散策してると足を止めて覗きたくなるような雰囲気のお店もあったりします。

今は健康食ブームで精白米以外の玄米や古代米をブレンドした商品なども店頭によく並んでますよね。
お口に合うかどうか、まずは明日香のランチで試してみるのもいいかもしれません。

ちなみに稲渕地区はひたすら棚田の並ぶ地帯ですので、ランチのお店は少ないです。
石舞台古墳の周辺に集中しています。
また、彼岸花の時期は観光客が一段と増えますので
待ち時間が発生したり、お目当てが売り切れだったりしますのでご注意ください。

 

彼岸花について

彼岸花

秋の彼岸の時期に咲くことから名づけられたという彼岸花。
別名が1000近くもあると言われていて
曼珠沙華(まんじゅしゃか)とか死人花(しびとばな)とか
不吉な呼び名が多いのでも有名です。

ですが、その呼び名に反して花言葉は【再会】
墓地の回りに彼岸花をよく見かけるのは、その花言葉から「別れた人といつかまた会えますように。」という願いが込められていたり、土葬が行われていた頃に動物などが掘り返さないために毒があると言われる彼岸花を回りに植え動物除けにしたことから、ということです。

先人達の思いが伝わる逸話です。

毎年残暑の厳しい関西地方。彼岸花がきれいに咲く時期が待ち遠しいですね。

 

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2019 All Rights Reserved.