グルメ・お出かけ gourmet 家族 FAMILY

奈良観光の穴場、面不動鍾乳洞で天然冷蔵庫を堪能しよう

投稿日:2019-05-02 更新日:

夏は尋常じゃない暑さになる関西地方。暑い夏に海水浴もいいけれど、紫外線も気になるし体力奪われて疲れますよね。
近隣で避暑を求めるなら、奈良天川村【面不動鍾乳洞】に行くのがおすすめです。
ちょっとした穴場スポットですが、夏場は涼を求め観光客で賑わう天川村のあれこれをご紹介します。

面不動鍾乳洞までのトロッコ電車はスリル満点

「奈良のへそ」と言われている黒滝村のすぐお隣に位置する、まさに奈良県中央部に天川村はあります。
その中の洞川地区というところに洞川温泉地があり、すぐそばに関西最大規模の【面不動鍾乳洞】があります。

車道から少し山をあがっていかないといけないのですが、少し上がると定員20人くらいほどの小さなトロッコ列車の乗り場が見えてきます。往復と片道切符が購入できるのですが、近くに遊歩道があるので片道だけ購入し、帰りはほとんどの方が遊歩道を散歩しながら降りてこられます。片道なら数百円ほどです。
面不動鍾乳洞

行きは断然トロッコで上がる方が楽です。笑。皆さん、思うことは同じのようで小さなトロッコ電車なので少し並んで順番待ちしないと乗れません。
この丸太の形をしたおもちゃのような可愛いトロッコが意外なほどの険しい山の斜面をあがっていきます。そこらのアトラクションよりある意味スリリングですよ。笑

 

面不動鍾乳洞はまさに天然冷蔵庫

トロッコ到着場所に茶屋のような建物があり、そこで鍾乳洞の入洞料を払います。(大人400円、子供200円)
鍾乳洞入り口付近までそこからもう少しだけあがっていきます。

鍾乳洞の中は年間通して8℃ほどしかないそうで本当に涼しくて汗が一気に引きます。まさに天然冷蔵庫♡

アップダウンや狭いところ、頭をかがめないと通れないところ、地面が濡れていて滑りやすいところなどもありますが、アトラクションみたいで子供はとても喜びます。
珍しい鍾乳石や石筍などには照明でライトアップもされていてきれいですよ。
鍾乳石や石筍の成長って1㎝で100年前後かかるそうで、見ていて歴史を感じずにはいられません。
面不動鍾乳洞2入ってすぐのところ。一気に汗も引き肌はサラッと♪自然のアトラクションにワクワクします。

 

面不動鍾乳洞近くは温泉・名水・鹿肉・陀羅尼助でも有名

ポップアップします。拡大で見たい方はどうぞ♪

この地区は温泉街で「村営洞川(どろがわ)温泉センター」という日帰り入浴場もあります。

名前はどろがわですが、無色透明無味無臭(弱アルカリ性の単純泉)で肌なじみがよく、やわらかくて浸かりやすいお湯という印象です。神経痛、関節痛、冷え性、疲労回復などの効能があるそうで、私達が行った時には大きなリュック担いだ登山客なども利用されていました。ハイキング後のお風呂は最高でしょうね。

周辺を歩いていると名水百選にも選ばれている、この地域の水ろごろ水」で作ったかき氷やお豆腐、豆乳などが売ってます。
訪れる時はいつもお豆腐を頂くのですが、素材を生かすも殺すも水なんだな、と思わせるくらい美味しいです。

また鹿肉のメニューを出しているお店が結構あります。鹿肉」は他の食肉と比べ脂肪が少ないヘルシーな食材として関心を集めてます。低カロリーなのに高蛋白、鉄分も豊富。牛肉を少し固くした触感で味はあっさりです。

鹿肉

この辺りの名産と言えば陀羅尼助(だらにすけ)です。
散策していると電信柱やあちらこちらに陀羅尼助の文字を見つけることができます。
自然素材の生薬を組み合わせて作る【和漢(日本の漢方)】で穏やかな効き目の(板状)胃腸薬、今は丸薬が主流のようです。
陀羅尼助この陀羅尼助、県隣の和歌山県高野山でも売られていて、高野山に行った時に初めて知りびっくりしました。
テレビで某芸能人が「陀羅尼助」をお取り寄せしている、という話を番組でされてたりもしました。広告をうったりはしてないけど、知る人ぞ知るの妙薬のようです。

おまけの話:ご当地ものって最近流行りですよね。洞川温泉にもご当地限定ステッカーなるものが売ってます。クスっと笑える面白ステッカーです。
    

 

面不動鍾乳洞のある天川村には「みたらい渓谷」というスポットもあります

【面不動鍾乳洞】のある天川村には、近畿随一の美しさと言われる渓谷「みたらい渓谷」があります。
みたらい渓谷

みたらい遊歩道という天川川合と洞川温泉辺りまでを結ぶハイキングコースがあり、途中大小の滝があったり、一瞬ひるんでしまいそうな吊り橋があったりもします。
耳に優しい清流の音・渓谷美を感じ、たっぷりのマイナスイオンをあびながら涼を感じることができます。
秋には真っ赤な紅葉が咲き乱れ、四季折々で違った美しさの風景を見せてくれます。

CHECK!>>洞川温泉周辺の旅館情報[たびノート]

 

アクセス・まとめ

電車の場合は近鉄下市口駅から奈良交通バスで天川川合バス停(天川村の総合案内所があります)を下車。約1時間の距離。30分~2時間ごとにしかバスが運行していないので、奈良交通に事前に発着時間を確認しておくことをお勧めします。
少し不便な所にありますので、家族で行くならマイカーが断然お勧めです。


奈良と言えば、電車からのアクセスも便利な「東大寺の大仏」「奈良公園」というイメージかもしれませんがたくさん穴場的スポットがあります。ご家族みんなで楽しめると思いますよ。

近くにはオートキャンプ場もいくつかありますので、夏休みにキャンプ場で滞在も夏の素敵な思い出になりそうです。
是非一度、自然の涼を味わってください!

 

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2019 All Rights Reserved.