お役立ち(useful) グルメ・お出かけ(gourmet) 家族 FAMILY 生活 ALL ABOUT

初詣の正しい参拝にてご利益ゲット?今年は恵方と重なり縁起がいい☆

投稿日:2019-01-09 更新日:

新年

新年あけましておめでとうございます。㊗
もうすっかり日常生活に戻られた方も多いと思います。
パート勤務の私は昨日が初出勤でした。

初詣には行かれましたか?
神社に?それともお寺に?参拝の際【おみくじ】はひかれますか?

参拝の作法や、【おみくじ】を引いたものの吉凶の順位・引いた【おみくじ】をどうするか、など
「これでいいんだろうか?」と思っていることって多くないですか?
私は知らない間は、作法が間違ってないか順番が来るまでドキドキ💕しながら
もっともそうにやっている人の見よう見まねしたり、結構ダマしダマしやってました。笑

いただいた福を逃さないためにも、正しい参拝作法、【おみくじ】の扱い方についてまとめてみます。

 

参拝について

初詣とは

一年の始まりに行く初詣。
昨一年を無事に過ごせたことを感謝し、新年も息災に暮らせるよう
神仏にご挨拶に行くこと。

つまり、参拝の際の賽銭は「お願いを聞いてもらうためのお金」という意味よりは
感謝の気持ちを込めた供え物」ということらしく
乱暴に遠くから投げ入れたりせず、丁寧に収めるべきなんですね。

おけいはん
京都の有名どころに行くと、遠くから投げ入れる賽銭が前列にいる人の頭に当ったり、フードに入るってこともあります・・・ダメじゃん、って感じですね。笑

またどこに参拝するか?ですが、有名どころの大きな神社にお参りするのもイベント!って感じでいいんですが
まず基本は地元や所縁のある所に参拝し、プラス恵方詣(その年の恵方の方角にある神社やお寺に詣でる)するのがいいみたいですね。

恵方詣とは

その年に『歳徳神』がいる方位=恵方の社寺に参拝し、新しい一年の幸福を祈願するもので恵方参りとも言います。今年2019年は東北東です。

 

参拝の日取りや時間

地方や宗派によって解釈も異なり、大安・友引・先勝の午前などの暦の日がよい、とか
大晦日の夜から元日にかけての「二年参り」は、よりご利益があるとか言われたりもしますが
松の内(しめ縄や門松などの正月飾りを飾る期間)の行ける時でいいようです。
参拝に関してはそんなに暦をこだわる方は少ないように思いますが。。。

大事なのは気持ちで神様仏様はそんなにやかましくない、ということ。ありがたいことです♡
おけいはん

 

通常参拝の作法

step
1
鳥居をくぐる

鳥居
鳥居というのは神と人間界の境界であるため
神様に失礼のないように鳥居をくぐる前には服装などの乱れを整え
入る際には神様を敬う気持ちで一礼して境内へ入ります。

参道を歩く時は、神の通り道とされる中央は避け、端を歩く方がよい、とされています。

 

step
2
手水舎で身を清める

手水舎
まず右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、左手を洗い清める。

②柄杓を左手に持ち替えて右手を清める。

再び持ち替えて柄杓を右手に持ち、左手の平で水を受けて口をすすぐ
*柄杓には口をつけない。

左手の平を清める。

最後に柄杓を縦にし持った柄の部分に水を流し、伏せて元の位置に戻す。

 

step
3
拝殿をお参りする

お参り

神前に進み姿勢を正し、賽銭を賽銭箱へ入れます。

②鈴(拝殿前の賽銭箱辺りに上から吊るされている)を鳴らします。
鈴を鳴らすのはお祓いの意味があります

③二拝二拍手一拝(2回深く拝み、胸の前で2回拍手、最後に1回拝む)
拍手はお祓いや神様を呼び出す意味があります

 

step
4
鳥居をくぐる

お守りや【おみくじ】の授与を終え、神社を後にする際は
境内に向かって向きを変えて一礼した後、境内を出ます。

 

寺の場合は山門をくぐる時に鳥居をくぐる手順で行います。
お参りの時は、手を合わせ合掌するだけ拍手はしない
●神社の正式参拝(神職から御祈祷やお祓いを受ける場合)・お礼参り・お百度参りなどは
またそれぞれ参拝の仕方が変わります。

 

 

おみくじについて

おみくじ

おみくじお守りの授与などは参拝を終えてからが基本だそうです。

おけいはん
一番に行きたがる子供達を制するのに、いつも必死です💦

おみくじの吉凶については明確な順位はないそうで
社寺によっておみくじの吉凶を細かく分けている所もあり、順位に関する見解も異なったり
吉凶の割合も社寺それぞれで、凶の本数を減らして吉を増やしている所もあれば、その逆もあるそうです。

 

基本的に縁起の良い順番は【大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶】
これ以外のおみくじの順位については、引いた社寺で確認するのが一番のようです

 

良くない【おみくじ】が出たら結んで帰る人が多いようですが
本来は結ばず、一年の戒め教訓として持ち歩くものだったそうです。
【おみくじ】を入れて持ち歩くための【おみくじ】入れなども売っていますね。

持ち帰った【おみくじ】は神棚に上げたり、財布に入れてまさに持ち歩いてもよく
最後はむやみにゴミなどと一緒に捨てず、どこでもいいので「お焚き上げ」をお願いしたり
納札所などに納めるのがいいそうです。

結んで帰る場合は、破れたり・落ちたりしないように丁寧に結ぶこと、
【おみくじ】を利き腕と反対の手で結び、困難な行いにも向き合うことで凶が吉に転じるという説もあるそうです。

そして初詣の帰りは、いただいた福を逃さずに持ち帰るためにも寄り道をせずに自宅に帰るのが
望ましいそうです・・・・・。

おけいはん
これがなかなか、できない。子供は屋台巡りを楽しみにきているようなものだから💦

屋台

 

我が家の初詣

我が家は毎年、年明け1月1日はまず仏壇に手を合わせ
子供達が宮参りや七五三でお世話になった氏神様へお参りに行きます。
そこで私以外の3人が毎年必ず【おみくじ】をひきます。

今年は主人➡吉 息子➡小吉 娘➡中吉 でした🌟

その後、関西の成田山(大阪別院)・成田山不動尊に移動します。
我が家はわりとご近所なんですが、関西ではかなり有名な由緒あるお寺です。
成田山ではいつも本堂にはお参りせず、我が家は『奥の院』が目的。
蝋燭の光しかないトンネルのような所に干支を守護する祀り本尊が一つずつ祀られている場所で
それぞれ1本ずつロウソクに祈願を書き、ロウソクに火をともし拝みます。

今年はいつもの元旦参拝コースが恵方でした!いい年になりそう☆
おけいはん

そして別の日に私達夫婦が挙式をした京都・下鴨神社へ参拝に行く、という感じです。
今年は年はじめ色々と忙しく、やっと今週末に行く予定にしています。

 

参拝のはしごってどうなのか?と、気になっていた時期もありましたが
調べると必要以上に気を遣う必要はなく
神様仏様は心が狭くはないので、はしごして喧嘩をするとかいうことはない
ということで、最近は所縁のある所には堂々とはしごして参拝するようにしています。

 

正しい作法でお参りできると、神様や仏様へきちんと挨拶ができている気がします。
でも、作法を気にする以上に大切なのはあくまで「気持ち」であることは忘れないよう
新年のはじまりには初詣へ出かけましょう。

 

 

この記事もおススメです!

スマホセキュリティ 1

子供にスマホを手渡す前に家族で相談し、納得の上で決めたルール。 前回のお話 子供ですから口約束では使用方法を守るのが無理なのはほぼ決定的。 そこで、ルールを守らせるためのペアレンタルコントロールの設定 ...

2

今日はおけいはんママ、朝から歯医者に行ってまいりました。 昔の虫歯の治療って今ほど簡単に局所麻酔薬、使ってくれませんでしたよね? 診察台の上で手に汗、握りながら、涙が頬をつたおうとも 容赦なく鳴り響く ...

3

anSICHThoch3 / Pixabay 先日、少額(硬貨)を郵送で送付する際、+αの総額費用に(2種の方法によって)差額が出ることが分かりました。 一家の主婦として1円でも安い方を選びたい(ケチ ...

4

今回の話は子供にスマホを持たせることにした後、悩んだ子供スマホの機種と(TONEとの2択でしたが)決定ポイント、使い方の約束(ルール)について書きたいと思います。 子供にスマホを持たせるまでの話はこち ...

5

今年のGWの旅行の話です。毎年、GWはキャンプ旅行が多いのですが オールセルフのキャンプにだんだん疲れを感じてきていた老夫婦。笑 今回は「頑張るのは運転だけ!上げ膳据え膳で楽しちゃおう」をコンセプトに ...

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2019 All Rights Reserved.