グルメ・お出かけ(gourmet) 家族 FAMILY

墓参りなどに思うこと

投稿日:2018-08-15 更新日:

合掌

私の両親はともに末っ子(分家)でしたので、家に仏壇はありませんでした。

子供の頃、お盆の時期になると両親の実家(本家)へ帰り、お坊さんが来て仏壇の前でお経をあげるのを皆でじっと座って聞いたり、墓参りに行ったり、などということは年に数回の、いとこに会えるイベント的な感覚でしかありませんでした。

自分が生まれる前だったり、記憶がない時期に亡くなった方々へのお参りで実感がなさ過ぎたというのもあったのかもしれません。

加えてワイワイと新年を祝う為に会う正月より、何となく堅苦しくて居心地が良くなかったし仏間に一人でいることは怖くてできませんでした。

小学校高学年くらいになった時には、嫁いできた母が肉親と同じ墓に入れない立場であることを思うと実父の眠る墓と義両親の眠る墓に墓参りする時の気持ちってどんななんだろう・・・とか、
その時の私にとって、両親は離れがたい存在だったので「そうか、私は母のように結婚しなければ両親の同じ墓に入れるな。」とか子供心に考えたりしてました。
とにかく、私にとっては気疲れする気の重い行事でした。

今、我が家には主人の父(義父)の位牌のある仏壇があり、実家にも父の過去帳がある仏壇があります。
生まれた時から仏壇のある家で育った我が子は、良く行き来するおばあちゃんの家(実家)にも仏壇があり、仏壇のある住まいが普通だと思っています。

主人の宗派のお寺からは、お盆と春秋のお彼岸の時期には法要の案内が届くため、年に3回墓参りと別にご塔婆供養をしてもらいにお寺に行ってます。
(主人の姉と弟は、その時の都合で来たり来なかったりですが💦)
そんなことも当たり前になっているおかげで私の子供の頃の感覚とは違って抵抗もなければ、堅苦しい行事という感覚でもないようです。
仏間で一人、昼寝をしたりテレビを見たり、友達をあげて宿題したりして過ごすのも平気です。

環境が与える影響って大きいですね。

そして今年も・・・。朝からお盆のお参りに両祖父やご先祖様の墓、そしてお寺へと回ってきました。
とっても蒸し暑い一日でしたが祖父やご先祖様を供養することで見守られているような気分になります。

良かったらご一緒にどうぞ


墓参り
墓参りのマナー。いつ行くべきか?行く際の持ち物やお供えについて

続きを見る

 

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2019 All Rights Reserved.