健康(health) 子供 CHILDREN

子供の歯列矯正のいろいろ➀【床拡大矯正】

投稿日:2018-07-13 更新日:

待ってました、「歯が命」の第二弾です。(あ、とくに待ってませんでしたかね・・・(//∇//) あはは)

息子も娘も虫歯治療では歯科に行くことはないのですが
矯正治療でお世話になってます。
息子の場合。始めた理由出っ歯

乳歯の時に隙間なくキレイに生えてる子は
永久歯に生え変わる時に、大きな歯が並ぶスペースがなく
歯並びが悪くなる可能性が高いらしく息子もそれでした。
あとから生え変わった大きな歯に一番最初に生え変わった前歯がドンドン押され、こんな感じになりました。

☝矯正前に撮った歯型です(記念に?もらいました。笑)

 

乳歯と永久歯が混在する時期はうまくいけば自然に矯正される場合もあるらしいのですが
もし、自然矯正できなかった場合はブラケット(歯列)矯正になります。
☝こういうやつです

これになると費用も高額、見た目もイマイチ。
ブラケットを付けていることで虫歯のリスクもあがるとのこと。
相談に行ったのが小学3年生(8歳)の春。
10歳までなら【床拡大矯正】と言う方法がありますよ、と紹介して頂きました。

顎の大きさは
10歳ごろに、ほぼ固定するそうです。
だから、それまでに「床拡大装置」で顎を拡大し、大きな歯が生え揃うのに必要なスペースを作る
という矯正治療法です。

口腔内の歯型を取り、顎に合わせたプレート装置を作ります。それを顎にはめる、って感じです。

 

リーフレットの一部

(赤四角の所に)ねじを差し込むところがあり「〇〇日経ったら、半回転回す」とか
細かい指示があり
先生の指示の元、少しずつ装置の幅自体を広げていくことで顎がひろがっていく、というしくみ。
やみくもに広げると痛がって、はめれません。
なるべく長い時間つける方が効果的みたいですが息子は夜、寝る時だけつけてました。

4年生の秋に(ちょうど10歳になった頃)1年半弱で終了しました。

 


現在、犬歯(糸切り歯)が伸びてきてますが
こんな感じで、まぁ矯正できたかな、と。
費用は施設で色々かもしれませんがうちの小児歯科は20万円台でした。
正直、装置を付けなくなって、また前歯がにわかに💦出てきている感じも否めないですが
次に、もっと審美を求めるなら永久歯が生え揃った状態でのブラケット治療になります・・・。
これはもう少し様子見するつもりです。

娘はまた違った矯正をしています。

これはまた今度。

 

こちらもご一緒にどうぞ

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2018 All Rights Reserved.