グルメ・お出かけ gourmet 家族 FAMILY

下鴨神社の糺の森はおすすめパワースポット。イベントや見所もたくさん。

投稿日:2019-05-16 更新日:

下鴨神社

毎年5月15日、京都の三大祭の一つである「葵祭」が行われる京都でも指折りのパワースポット下鴨神社のご紹介をしたいと思います。(昨日も天候にも恵まれ無事執り行われたようです)

この下鴨神社は私と主人が昔々挙式をさせて頂いた場所でもあります。ここで挙式をさせて頂いた縁で、毎年初詣には地元の氏神様と下鴨神社には必ず出かけています。
行くたびに違う発見がある、下鴨神社の魅力をご紹介します♪

下鴨神社と言えば糺の森

下鴨神社

下鴨神社の正式名称は「賀茂御祖神社(かもみおや神社)」と言います。通称名(下鴨神社)の方が圧倒的に有名で、関西地区のテレビなどでも正式名称で呼ばれることはほぼないくらい、下鴨神社とか下鴨さんの名で通っています。

おけいはん
おそらく関西でも正式名称を知っている人は少ないと思います

京都の文化財の一つとして、1994年に日本で5番目の世界文化遺産✨にも登録されています。

京都市左京区にあり、最寄りは私鉄京阪電車の出町柳駅です。
西を流れる鴨川と東を流れる高野川の合流地点の辺りに駅があり、北へまっすぐ「糺の森(ただすのもり)」を通って徒歩15分くらいで神殿に着きます。
境内南側にひろがる糺の森(ただすのもり)は市街地の中で異空間のような厳かさがあります。
ケヤキ、ムク、エノキ、桜や梅など樹齢数百年にもなる樹木が生い茂っていて、真夏でもその中を歩くと涼しく感じまさに都会の中で森林浴が味わえます。参道を挟んで、そばに小川が流れていたりマイナスイオンもたっぷりです。
京都のパワースポットとして必ず名を連ねるのは訪れると必ず納得できるはずです。

 

下鴨神社には摂末社がいくつもあります

下鴨神社の境内にはいくつもの摂末社があります。

下鴨神社ポップアップします(拡大してどうぞ。公式HPにもあります。)

河合神社
糺の森入り口付近にある河合神社は、女性守護としての信仰を集めるお社です。
人の顔が表面に描かれた手鏡の形をした鏡絵馬に普段使いしているメイク道具を持参し、絵馬の顔を綺麗にお化粧します。そして裏面に願い事を書くことで外見・内面とも美しくという祈願絵馬なんです。
若かりし頃は私も祈願。小学生の娘は今はまだ全く無関心ですが、いずれは必死に祈願するはず?!お参りに来ている女性は真剣そのものです。(笑)

引用:下鴨神社HP

相生社
糺の森をまっすぐ行き、鳥居をこえて左手に相生社はあります。
すぐそばには日本の国歌「君が代」の一節に出てくる【さざれ石】があり、相生社のすぐ横には【連理の賢木】という2本の木が1本につながり根元に子供の木が芽生えているご神木があって「縁結び」「安産」「育児」の祈願のお社で若い女性やカップルでいつも賑わってます。縁結びのお参りの仕方はこちら
私は長い不妊治療期間中、こちらで妊娠祈願しました。

御手洗社
本殿向かって右手にあります。
無病息災」などを祈願するお払いのお社で、そばにある御手洗池では葵祭の儀式の一つ「斎王代御禊の儀」、土用の丑の日に行われる「足つけ神事」などが行われるところです。御手洗川はみたらし団子の発祥の地です。

 

下鴨神社では挙式もできます

楼門をくぐり舞殿(葵祭の儀式、御蔭祭の中の東游(あずまあそび)の舞を奉納するところ)そして中門の奥に本殿があります。

下鴨神社2019年、正月の舞殿の様子

本殿は東西2つの建物に分かれていて、どちらも国宝に指定されています。本殿前には言社(ことしゃ)と呼ばれている十二支を祀る守護社があり、初詣の時には、自分の生まれた干支の守護社に並んで守護社本殿と参っていきます。
並んでいる干支の守護社で参拝者の年がだいたい想像がつきます。笑

中門内にはもう一つ葵生殿があり挙式はそこで行われます。とても思い出深い場所で訪れた時に同じように挙式されているカップルを見ると子供達も「あんな風にお父さんとお母さんが・・・」と興味深げに見ています。
一般参拝者では入れない所にも入れたり、挙式だけのプランもあってこれだけの格式の神社なのにかなり良心的な費用だったと記憶しています。

下鴨神社昔々のとある夫婦、笑。このような歴史のある所で挙式ができ感慨深いです

 

下鴨神社では年中通してイベント(祭典)が目白押し

京都御所を出発し、鴨川を3kmほど北上したところにある上賀茂神社との両社で催すのが、毎年5月に行われる京都三大祭のひとつ「葵祭」。有名儀式の一つ「流鏑馬神事」も糺の森の参道の馬場で行われます。葵祭のメインともいえる5月15日の「路頭の儀」は行列の到着場所の上賀茂神社付近には屋台なども立ち並びますが、下鴨神社付近は優雅で厳かな雰囲気はそのままです。(観覧の混雑は必至です・・・有料観覧席(2700円)があるのは御所と下鴨神社と上賀茂神社の3か所です)

他にも「蹴鞠はじめ」「御手洗祭」(足つけ神事)など年間通して様々な祭典が行われているため、訪れた時に偶然立ち会える可能性も高いです。

京都は他にも観光名所がいっぱいです。
存分に満喫した後は ゆっくりホテル、旅館に泊まってあちこち回らないともったいないですよ♪
下鴨神社の立地は、他へのアクセスにも便利な場所にあります。

CHECK!>>下鴨神社周辺の旅館 ホテル情報[たびノート]

 

アクセス駐車場・まとめ

日本最古の神社の一つと言われる下鴨神社なら厄除け、安産、子育て、縁結び、美麗、と学業祈願以外のほぼ全ての祈願ができ、自然の癒しももらえる荘厳で美しい場所です。

最寄り駅は関西私鉄「京阪電車」の出町柳駅。
車でお越しの場合は150台前後停めれる敷地内に参拝者用駐車場もありますが、イベントや神社内挙式の予定がある日などは停めれないこともあります。
神社西の府道32号線(下鴨本通り)を神社の一番北側まで走っていくと、信号があり狭い道を右折で入っていきます。対向側のすぐそばにバス停があり大勢の観光客らしき人がバス待ちしてるのでなんとか見落とさずに右折できるのではないかと思います。地図を拡大して確認してくださいね。

ここ数年、夏ごろに下鴨神社内で「糺の森の光の祭」というライトアップイベントが行われています。
昨年行ってきましたが、夜の下鴨神社はまた全然違った景色を見せてくれます。
夏に京都へ訪れる際には、日を合わせて昼と夜、一日たっぷり楽しむのもいいのでは、と思います。

 

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2019 All Rights Reserved.