健康(health) 子供 CHILDREN

子供の【睡眠】質より量が大切なのか?

投稿日:2018-07-14 更新日:

5年と2年の我が子達
以前の記事にも書きましたが2人とも21時代には寝かせるようにしています。
というか、どちらかというと眠くなり自然にベットに行く感じ。
小学生白書の統計によると『学年が上がるごとに就寝時間は遅くなる』
まぁ、当然と言えば当然?

兄の同級生ともなると、
バリバリの進学塾に通っている子などは帰宅は22時前後。
その後に入浴やら翌日の準備をして就寝。学校の宿題を済ませてないと23時過ぎの時もあるとか。
塾に行く日と行かない日で就寝時間や睡眠時間はバラバラ、と言ってます。 大変だぁー

あと、
フルタイム共働き世帯・核家族化などで親の帰宅が遅く、やむおえず全てが後回しになるため
就寝時間が遅れるという同級生も。
生活リズムが不規則な子供は体内時計が狂い、寝つき・目覚めが悪くなり、悪循環らしい。

人の体は、本来、朝目覚めて明るい光を浴びてから
約14時間後より徐々に眠気を感じるように体内時計がセットされているそうです。
この事は身をもって納得できる話です。

私自身、3交代のフルタイムでナースやってた時、
夜勤明けに明るい光の中、カーテンを閉めて
それなりの睡眠時間をとっても寝たような寝てないような体はイマイチすっきりしない、という事はよくありました。

☟こんな記事がありました。
まるで塾に通って遅くまで起きていることが負のスパイラルに子供をおとしめているかのように
書かかれていますが・・・。
規則正しい生活習慣を整えてあげることが家庭での親の役目であり、理想なのは分かってる。
でも仕事や習い事、色々事情があるんだよ~!というのが、実情。
うちの小学校などは、このご時世にも関わらず、年がら年中「早寝・早起き・朝ご飯」こればっかり。笑
(あほ~っつ!!・・・Mrオクレ風)

これからどんどん頭を使っていく子供達にとって
「脳」を休ませるための睡眠は大切。
でも子供の年齢・体質によっても必要睡眠時間は違うだろうし
諸事情による限られた時間の中で効果的に睡眠をとる方法の提案などをもっとして頂きたいなぁ、と思います。

この前、新聞に「脱・睡眠負債」と言う記事があり
高反発マットレスがいい。と書いてました。
「じぶんまくら」を作ったりマットレスにこだわったり環境を整え良質な睡眠をとる事で
時間をカバーできるかもしれませんね。

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2018 All Rights Reserved.