子供 CHILDREN 日記(diary)

夏休みだからこそ!の経験をたくさんしよう☆

投稿日:2018-08-03 更新日:

夏休みに入ってから、子供達はそれぞれ夏休み限定のイベントにせっせと参加しています。

兄は近くの私立中高一貫校の「理科のイベント」に参加。
生物・化学・地学・物理の分野に分かれていて息子は物理分野の【望遠鏡を作ろう】を選択。
ガリレオ式とケプラー式の望遠鏡の仕組みなどを教えてもらい、牛乳パック二箱を重ねて
接眼レンズと対物レンズをはめ込みガリレオ式望遠鏡を作って持って帰ってきました。

 
今年の自由研究の宿題は、ネタ探しからせずこれを文章化し、まとめるだけで済みそうなのでホッとしてます。
(文章化させるのも一苦労なんですが💦)

娘は栄養士会主催の子供料理教室に参加し
夏野菜を使った冷やし中華・餃子・ゴマ団子などを作って食べたそうです。
自分で作ったからか、団子の中に入っていたカボチャ食べれることができて「苦手なカボチャが食べれた!」と
迎えの時、得意げに話してくれました。

 
保育園時代に園で育てたキュウリを塩もみで食べたことで嫌いが一気に好きになった娘。
トマトも苦手で、2年のミニトマトの栽培で克服できたら・・・と思ってましたが
これはちょっとまだ難しそう💧
そして、カボチャ。
今回の料理体験をきっかけにどんな調理方法でも
食べれるようになるかな?

まさに食育ですね、経験させて良かったです。

 

そして今日は暑い中、市主催のスライダーや簡易プールで
水遊びができるというイベントに参加し二人とも、ますます真っ黒に日焼けして帰ってきました。
息子は元々、地黒なんですがあまりの焼けっぷりに、友達に「黒糖パン」と呼ばれているとか。笑
こういったイベントは、学校での顔なじみの同級生以外の同世代の人達と交流ができるので
いい刺激にもなるみたいです。

私は子供の頃、超・人見知りっ子でしたので
こういう機会は逆に「絶対行きたくない!」ってタイプで
苦労しました。
二人にはそうならないように、物怖じしないようにと小さい頃から子育てセンターなどに
連れて行くよう努めました。
それが功を奏したのか、わかりませんが後ろ髪ひかれるようなこともなく
「じゃあね。」とイベント会場を後にすることができ
友達作って楽しんで帰ってくる、と言う感じで
とても頼もしく育ってます。

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2018 All Rights Reserved.