お役立ち useful 生活 ALL ABOUT

老眼で見えない!メガネを忘れ困った時の拡大鏡アプリ

投稿日:

老眼

40代ごろから徐々に進行する老眼。
先日、老眼鏡を忘れ、学校行事で撮影したスナップ写真に写る我が子を探すのに大変苦労しました。で結局は我が子が写ってない写真まで注文してしまい写真代を無駄にする・・・と言う失態をおかしました💦
なんだかとても情けなかったです。

ここまでの苦い経験はないにしろ、外出先でうっかり老眼鏡を忘れ小さいものが見えなくて困った!という経験一度や二度あるのではないでしょうか。

その場できっちり見たい、という時に役立ちそうな拡大鏡アプリをご紹介します。急場しのぎにはもってこいです。

「老眼で見えない!」は誰もが通る道?

老眼とは加齢によって目の中の水晶体の弾力低下によりピント調節機能が衰えること。です。
トレーニングなどで遅らせることもできるようですが発症や進行の個人差はあれど、避けては通れない老化現象の一つのようです。

『近眼の人は老眼にならない』というのは俗説で
元々、コンタクトレンズや眼鏡などで矯正しているため「なんかおかしいな」と気がつくのが遅れるだけのようです。
近視などで矯正器具(コンタクトレンズや眼鏡)を使っている人は老眼鏡との使い分けだったり、重ねづかいをしないといけないようになります。
コンタクト使用の私などは、今や何を使っていてもクリアに見えない、すぐに目が疲れる、という厄介な状態になりました💦

 

老眼で見えない人へ拡大鏡アプリ

「老眼鏡忘れちゃったけど、100均で簡易老眼鏡を買う時間はある。」というシュチエーションでも止めておきましょう。
100均などで売っている老眼鏡は所詮100円です。プラスチックレンズの質も悪いので歪みがきつく合わないことの方が多いので、返って目が疲れます。

iPhoneの場合は特別なアプリをダウンロードしなくても設定で拡大鏡を使えるようになります。

  1. iPhoneの[設定]歯車マークをタップ
  2. [一般]→[アクセシビリティ]→[拡大鏡]と順にタップ
  3. [拡大鏡]をオンにする

    拡大鏡

ホームボタンをトリプルタップ(3連続タップ)するだけで⇧の拡大鏡の画面が起動します。
拡大調整は左右にスライド、下の各種ボタンはタップで設定します。
手ブレが気になる時には静止画で確認し、再度タップで解除。カメラロールには保存されません。
保存したければ、静止画の状態で画面のどこかを長押しすれば[イメージを保存]と表示が出てきますのでタップすれば画像保存されますよ。

 

Androidの場合は設定では機能がないようで無料のものをダウンロードします。
レビューなどで高評価はこのアプリです。
Androidアプリ

  1. Googleplayのplayストアで「拡大鏡」と検索
  2. 幾つか出てきます。アプリのダウンロード

Androidアプリ1  Androidアプリ2

アイコンがホーム画面に追加されますので、アイコンをタップで起動します。
拡大調整は同じく左右にスライド、あとは直観的でわかりやすいです。
右にボタンがあって、それぞれ上から、ライト、回転、色の反転、撮影(カメラ保存)、静止画、設置画面です。

これで私のように、老眼鏡を忘れた時でも荷物の必需品・スマホで代用できます。
私は最近は、拡大鏡をとても便利に使わせてもらってます。アラフィフの必需品です!

 

老眼で見えないスマホの文面はどうする?

そもそものスマホに届くメールやLINEの文面を読むのが見づらくて億劫になってきている場合。
設定画面で文字サイズを拡大するのをお忘れなく。例:iPhoneの場合

文字サイズ1  文字サイズ2  文字サイズ3

 

LINEも同じく設定(歯車マーク)⇒トーク⇒フォントサイズ と進みサイズ変更を行います。
このようにアプリ単体でサイズを変更できないものはピンチアウト(拡大操作)しながら見ていくしかないですね💦

 

まとめ

老眼

日常生活の中で、老眼が原因で「見る」というできて当たり前だったことが不自由になってくるだけで、何事にも気おくれしたり、億劫になってきませんか。
まず、持ち忘れることの少ないであろうスマホに拡大鏡(ルーペ)があれば「しまった!」という時に助かると思いますので、良かったらご活用ください。

 

Copyright© おけいはん's☆ハッピーマニュアル , 2019 All Rights Reserved.